ここから本文です

豚骨の座を揺るがす!?福岡で今、食べるべき旨いつけ麺

6/23(金) 21:21配信

東京ウォーカー

一時はブームと位置づけられた“つけ麺”だが、その勢いはとどまることを知らず、増すばかり!つけ麺専門店を見かけることが多くなったばかりか、人気店がつけ麺に挑戦する場面も、ここ数年でグッと増えた。そこで“つけ麺が旨い!”“つけ麺が看板メニューを脅かしつつある…”と評判の店をご案内。濃厚豚骨魚介、鶏系など、多彩なつけ汁で個性が光る香り豊かな“麺々”を、さっそくチェックしよう!

【写真を見る】あの大人気ラーメン店のつけ麺がコレだ!「つけ麺 海鳴 平尾店」の「烈火の辛魚介つけ麺」(800円)

■ 豚骨×魚粉の旨味のトリコに!「博多 無邪気」

博多駅前で話題の豚骨醤油ラーメン&つけ麺の店。数10kgの豚骨を強火で煮込んだスープに九州産醤油のタレで甘さとコクを出し、黄金色の鶏油が香りを添える。つけ麺のスープはさらに魚粉を溶かしたもので、モチモチ麺との相性が非常にいい。ちなみに、つけ麺の麺量は225gと食べ応え抜群。程よいウェーブでコシのある太麺が、濃厚スープによく絡む。

[博多 無邪気]福岡県福岡市博多区博多駅前3-26-10 / 092-409-3448 / 11:00~15:00、17:00~23:00(LO) / 休みなし

■ つけ汁に“焼石”投入でいつもアツアツ「つけ麺 海鳴 平尾店」

「海鳴」の真骨頂といえる“独創性”は、つけ麺に特化した「つけ麺 海鳴 平尾店」でも存分に体感できるのをご存知だろうか。ここで食べてみてほしいイチオシメニューが「烈火の辛魚介つけ麺」。麺は冷水で締めたあと、ほのかにマスタードが香るフレンチソースとあえ、刻み柚子、大葉でさわやかさをプラスするという、手の込みよう。一味ベースの辛味がピリリと効いた魚介のつけ汁に麺をくぐらせると、さらに深い味わいへと早変わりする。また、スープが冷めてきたタイミングで“焼石”を投入し、熱々の状態をキープすることも可能だ。別皿で出されるキャベツは好みの具合でスープに浸して食べよう。

[つけ麺 海鳴 平尾店]福岡県福岡市中央区平尾2-4-9 / 092-521-6777 / 11:30~翌1:00(LO24:50) / 水曜休み

■ 厚めのチャーシューと極太麺のインパクト大!「油そば 七色」

油そばを看板に掲げる店だが、実はつけ麺も隠れた人気メニュー。東京「三河屋製麺」の歯応えのいい極太麺に、魚介豚骨のつけダレが付く。並盛は、極太麺が200gとボリューミーで、麺の旨さを逃がさぬよう水で締め、“ツルッ”“モチッ”の食感に。注文後に炙るチャーシューや、苦味がクセになる揚げネギなど、こだわりのトッピングとともに味わうのがベストだ。

[油そば 七色]福岡県福岡市中央区舞鶴2-1-9 / 092-781-7311 / 11:00~15:00、18:00~22:00 / 日曜休み

■ 魚介醤油つけ麺をズズッ!「Public house LINK」

ダーツも楽しめる隠れ家的な洋風居酒屋として、井尻エリアで人気を集めているのが、ローストビーフ丼とつけ麺を出す「Public house LINK(パブリックハウスリンク)」。あふれんばかりに肉が盛られるローストビーフ丼も、もちろんおすすめなのだが、つけ麺も隅に置けない逸品だ。つけ汁はサバ、カツオ、宗田節をベースにした魚介醤油スープで、麺は全粒粉のものを採用するなど、専門店並みの本格派だから恐れ入る。ほぐした牛スジ肉から、スープの味が染みたイカ天、揚げネギ、レタスまで、目新しいトッピングにも注目したい。

[Public house LINK]福岡県福岡市南区井尻5-8-18 サンアドレス井尻1F / 092-593-3728 / 11:30~14:30、19:00~翌2:00(LO1:00)、日曜~翌1:00(LO24:00) / 不定休

もはや専門店に限ることなく、つけ麺自体が市民権を得てきたと、実感いただけただろうか。ぜひこの機会に、つけ汁と厳選された麺が織り成す旨いハーモニーを味わいに出かけてみよう!【九州ウォーカー編集部】

最終更新:6/25(日) 16:31
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

今日のカレーなんにする?
夏、カレー!この一冊で全網羅
イベント&スポット総数60軒
この夏、絶対したいこと。