ここから本文です

『字が汚い!』著者・新保信長の理想はアラーキーの字

6/23(金) 17:00配信

文春オンライン

 手紙の宛名や冠婚葬祭の芳名帳――PCの普及でペンを握ることが少なくなったとはいえ、字を書く機会は誰にもある。そんな時、自分の筆跡に唖然とすることはないだろうか。ああ、恥ずかしい。

「ペン字ハウツー本があれだけ何種類も出てて書店にコーナーがあるくらいだから、字で悩んでいる人は多いんだろうと思ってはいましたが、反響は想像以上でした」

 話題の本『字が汚い!』(文藝春秋)を上梓した新保信長さんも、自分の字に絶望を覚えた1人。刊行するや、様々な人から己が字の汚さを訴えられているという。

「ネットでは『こんなのは汚いうちに入らない。俺のほうが汚い』と対抗意識を燃やしてくる人もいました(笑)。自分としては普通に、字に関する素朴な疑問をたどっていっただけなんですけどね」

 ペン字講座に通い、チラシの字を眺め、政治家の揮毫に思いを馳せ、友人の悪筆に腹を抱える新保さん――悪戦苦闘の経緯が綴られた本書は涙と笑いなくして読み通せない。

「結論としては、いわゆる美文字ではなく、そこそこ大人っぽくて味のある“いい感じの字”を目指そうと思うようになりました。理想は写真家の荒木経惟さんの字。大人の色気と愛嬌が同居して、とても素敵ですよね」

「週刊文春」編集部

最終更新:6/23(金) 17:00
文春オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

世の中を驚かせるスクープから、
毎日の仕事や生活に役立つ話題まで、
"文春"発のニュースサイトです。