ここから本文です

【阪神】あの藤川球児が敗戦処理に近い仕事もこなすことの意義

6/23(金) 11:00配信

文春オンライン

 もう、あのころの球児じゃない。

 阪神・藤川球児の投球を見るにつけ、私は自分にそう言い聞かせている。かつて一世を風靡した火の玉ストレートを武器に虎の絶対的守護神に君臨していた藤川も、来月で37歳になる。MLB移籍やトミー・ジョン手術、独立リーグなどを経て阪神に復帰して以降、たまに往年の片鱗を見せることはあるものの、基本的には衰えを感じてしまう。

 今季ここまでの成績は21試合の登板で1勝0敗、0ホールド0セーブ、防御率2.42(6月21日現在)。数字だけを見ると、決して悪いわけではない。全盛期の売りだった奪三振率も10.07(22回1/3で25奪三振)と相変わらず高い数値を保っている。05年~渡米前の12年までの8年間の成績があまりに突出していたため(防御率0点台が2回、1点台が5回)、あるいは当時の“わかっていても打てないストレート”が極めて鮮烈だったため、ちょっとやそっとの好成績では物足りないような印象を受けるのだろう。

日米通算225セーブを誇る男が敗戦処理も黙々とこなす

 しかし、今季ここまで首位争いを演じている阪神の内部において、この藤川の存在感は外から見る以上に大きいのではないか。ご承知の通り、好調・阪神の要因のひとつはリリーフ陣の安定感だ。主に勝ちパターンで登板する桑原謙太朗、マテオ、ドリスの右腕三人衆に加え、高橋聡文と岩崎優の左腕コンビも安定しているため、6回までリードしていれば高い確率で逃げ切ることが可能になった。

 そんな中、今季の藤川の役割は自軍がビハインドの場面か、リードしていたとしても点差が大きく開いている場面でのリリーフが圧倒的に多い。だからこそ、先述した投手成績を見ると、セーブはおろかホールドも記録されていない。中には、いわゆる敗戦処理と思しき役割で、ただ淡々とイニングを消化したような登板も一度や二度ではなかった。

 よく考えたら、これはすごいことだと思う。

 NPB歴代5位、阪神では史上最多となる通算223セーブ(日米通算225セーブ)を記録し、数々のタイトルも獲得した球史に残るクローザーが、現在は阪神リリーフ陣の中でもっとも日の当たらない、言わば地味な仕事を黙々とこなしているのだ。セーブやホールドは記録されないが、それでもチームのためにイニングを消化しないといけない場面で、ブルペン最年長の元絶対的守護神が荒れたマウンドに向かう。そんな藤川の背中を、彼の全盛期を知っているはずの後輩投手たちはどんな思いで見つめているのだろう。

1/3ページ

最終更新:6/23(金) 18:24
文春オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

世の中を驚かせるスクープから、
毎日の仕事や生活に役立つ話題まで、
"文春"発のニュースサイトです。