ここから本文です

スタイルアイコン、ジャッキー・ケネディが愛したブランド

6/23(金) 12:01配信

ハーパーズ バザー・オンライン

永遠のスタイルアイコン、ジャッキー・ケネディ。彼女が愛したブランドとは?お気に入りジュエリーやハンドバッグ、服、そして香水をご紹介。

【写真】ジャッキー・ケネディが愛した10のブランド

・オレグ・カッシーニ

ファーストレディだったときは、アメリカ人のファッションデザイナーが手がけた服を着なければならなかったこともあり、ジャッキーはカッシーニと強い絆で結ばれた。彼は、ヨーロッパの流行を取り入れて、この写真の赤いスーツを含む、ジャッキーのスタイルを象徴するカラフルなセットアップの多くをデザインした。

・グッチ

元ファーストレディは、このバッグの大ファンで、これを持っている写真があまりに多く存在するので、グッチ社は、これを「ジャッキー」バッグと名称変更したほど。

・フランソワ・パントン

スタイルアイコンとしてのジャッキーが愛用した小物で、もっとも知られているのは、疑いなくサングラスだろう。彼女は、フランスのブランド、フランソワ・パントンのシックなオーバーサイズサングラスを多く購入。フランソワ・パントンは、彼女のために特別にデザインさえしたのだ。

・ジョイ バイ ジャン パトゥ

人生の流れの中で、ジャッキーはいくつかの香水を愛用したが、ジョイは彼女のお気に入りのひとつ。この香りは、かつて世界でもっとも高価な香水として知られていて、今でもまだ販売されている。

・ティファニー

ジャッキーは、ティファニーのジュエリーを数多く所有。とくに、ジーン・シュランバーゼーによるデザインの大ファンで、カラフルなエナメルとゴールドのクロシィヨン ブレスレットを多く持っていた。

・カルティエ

ジャッキーは、1963年、義弟のスタニラス・ラジヴィルから、カルティエの黒いベルトにゴールドのタンクウォッチを贈られ、すぐにこれは彼女のお気に入りのひとつに。何十年にもわたって、このタイムレスな腕時計を愛用し(この写真でも彼女が手首にしているのがわかる)、カルティエは今日でもこのバリエーションとなるタンクウォッチを販売している。

・ヴァレンティノ

フォーマルな場でドレスアップが必要なときは、ジャッキーはしばしばデザイナーのヴァレンティノ・ガラヴァーニを頼った。彼は、彼女の2番目の夫となるアリストテレス・オナシスとの結婚式で着用したドレスを含め、ジャッキーのもっとも有名なスタイルのいくつかをデザインした。この写真のミントグリーンのドレスは、1967年に彼女がカンボジアへの訪問時に着用。

・エリザベス・アーデン

ジャッキーのメイクアップアーティストは、彼女がエリザベス・アーデンのメイクアップ製品のファンだったと明かしている。普段は、このブランドのファンデーションとペールピンクやヌードカラーの口紅を使用していたそう。

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年12月号
2017年10月20日発売

定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。