ここから本文です

ジャンプ公式の漫画制作ソフト「ジャンプPAINT」登場 広がる漫画の可能性

6/23(金) 13:45配信

KAI-YOU.net

6月22日、漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」公式の漫画制作アプリ「ジャンプPAINT」がリリースされた。

「ジャンプPAINT」では、ペンやトーン、フォントなど漫画の制作工程がすべてアプリで体験可能。さらに、ジャンプ連載作家陣や編集部から、直接漫画の描き方を学べるコンテンツも毎週配信されていく。

Windows、Mac、iOS、Androidの4種類に対応しており、さまざまなデバイスで利用可能。無料で利用できるため、漫画家を目指す人たちの可能性を広げるアプリとなっている。

無料で多機能! ジャンプ作家による極意も収録

『僕のヒーローアカデミア』、岸本斉史さんの『NARUTO-ナルト-』、古舘春一さんの『ハイキュー!!』など、歴代のジャンプ作品を見本にしながら漫画執筆の練習ができる「チャレンジジャンプ」も収録。

さらに各漫画家たちからの執筆に関するアドバイスや、編集部による漫画描き方講座も収録。豪華なラインナップがならぶジャンプだけに、執筆に縁のない漫画好きにとっても楽しめる内容となりそうだ。

加えて、漫画投稿サービス「少年ジャンプルーキー」とも連携。「ジャンプPAINT」で描いた作品は、そのまま「少年ジャンプルーキー」で公開できる。漫画家を目指す人にとってこれほど嬉しい無料アプリはないだろう。

そして、同アプリのリリースと『少年ジャンプ』創刊50周年を記念し、「ジャンプ世界一マンガ賞」も開催。岸本斉史さんを審査委員長に迎えており、入選で100万円の獲得と『少年ジャンプ』への掲載などが用意されている。

次世代の漫画家が「ジャンプPAINT」から名作が生まれる可能性も大いに期待できる、注目していきたい。

最終更新:6/23(金) 13:45
KAI-YOU.net