ここから本文です

“韓国のメッシ”は「成長が劇的に遅れている」 バルサでの“失われた2年”にスペイン紙言及

6/23(金) 7:30配信

Football ZONE web

イ・スンウの厳しい現状を指摘 「かつての感覚を取り戻せていない」

 U-20日本代表FW久保建英(FC東京U-18)は、バルセロナの下部組織で将来を嘱望されていたが、クラブが18歳未満の外国籍選手獲得に関して規約違反を犯したため公式戦出場が禁止され、2015年に帰国する道を選んだ。久保は現在、FC東京と年代別代表で試合勘を磨いているが、それは正しい道だったのかもしれない。

【全ランキング】スイス調査機関CIESが算出! 「最新推定市場価格トップ110選手」

 スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」は、バルセロナの下部組織でプレーするU-20韓国代表FWイ・スンウについて、「劇的に成長が遅れている」と指摘している。

 韓国で行われたU-20ワールドカップで2ゴールを決めたイ・スンウは、バルセロナの下部組織で思うような成長曲線を描くことができていないという。

「イ・スンウはフットボールの部分でレオ・メッシの正統後継者と呼ばれていた。FCバルセロナの下部組織でクオリティーを示しているが、FIFA制裁の影響で成長が劇的に遅れている。約2年間の中断期間は目標を達成するにはあまりに長すぎた」

 記事では「劇的な伸び悩み」と、現状を厳しく分析されている。現在19歳のイ・スンウは、2011年に仁川ユナイテッドの下部組織からバルセロナ下部組織に加入。直後にリーグ戦得点王に輝き、フベニールA(U-19)に昇格したが、予想外の事態が待っていた。

 バルセロナが18歳未満の外国籍選手獲得に関して、FIFA規約に違反したため、18歳の誕生日までイ・スンウは公式戦に出場することができなくなってしまった。

ドルトムント、シャルケ移籍の可能性が浮上

「韓国のメッシ」の現在地については、「かつての感覚を取り戻せていない」「バルセロナが期待する成長を遂げていない」と断罪されている。

 バルセロナBでプレーするU-19スペイン代表DFカルレス・アレニャ、同DFマルク・ククレジャの名前を引き合いに出し、「彼らの年代とは異なり、イはバルサの下部組織(バルサB)への抜擢も与えられない。フベニールAでも不動のポジションを保証されない」と、同紙はバルサでの未来に悲観的な分析をしている。

 公式戦に出られない状況で残留した選択が、結果的に「失われた2年間」になってしまったようだ。ドルトムントとシャルケというドイツの名門が、獲得に乗り出していると報じられたイ・スンウ。来季以降、新天地を求めて再び成長曲線を描ければ、バルサ残留という選択肢を正当化できるはずだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:6/23(金) 7:30
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新