ここから本文です

【自転車レース】2018年、3大ツアーの参加選手数は1チーム8人に

6/23(金) 7:07配信

CYCLE SPORTS.jp

来季のUCIワールドツアーの日程発表

国際自転車競技連合(UCI)は、6月22日にスイスのジュネーブでプロフェッショナル・サイクリング・カウンシル(PCC)が今年2度目の会合を開き、来季のUCIワールドツアーの日程を承認したと発表した。2018年のUCIワールドツアーは全37戦だ。

PCCは、来年開催されるサッカーのFIFAワールドカップの日程を考慮し、ツール・ド・フランスの日程を当初の予定よりも1週間遅らせることに合意した。この変更にともない、シーズン後半戦の日程も修正されている。UCIワールドツアー以外の来季のカレンダーは、9月に発表される予定だ。

今回の会合で、PCCはレースの安全とセキュリティに関するいくつかの議題を検討し、特に、3大ツアーの各チームの参加人数を現行の9人から8人に減らし、集団の人数を最大で176人に減らすことは、集団とその他のレース随行車両の安全を確保する努力を助けることになると発表した。

来季は3大ツアーだけでなく、UCIワールドツアーのレースや各大陸ツアーのレースも、最大参加人数が176人(現在は200人)に縮小する予定だ。これらを実施するための規則が、正式な承認を得るために提出されることになったとUCIは発表している。

PCCは選手の安全に焦点を当て、先日ツール・ド・スイスの集団ゴールスプリント区間で行ったタイムギャップの計算に関するルールの改訂試験について吟味した。

現行の規則では、集団でゴールした場合に1秒のタイムギャップが開けば同一集団とはみなさずにタイム差が計測されているが、このタイムギャップを3秒にするという改訂試験をツール・ド・スイスで行ったのだ。この試験は7月のツール・ド・フランスでも行われる予定だ。


2018年 UCIワールドツアー日程(全37戦)
1月16日~21日  サントス・ツアー・ダウンアンダー(オーストラリア)
1月28日  カデル・エヴァンス・グレート・オーシャン・ロードレース(オーストラリア)
2月21~25日  アブダビ・ツアー(アラブ首長国連邦)
2月24日  オムロープ・ヘットニュースブラッド(ベルギー)
3月3日  ストラーデ・ビアンケ(イタリア)
3月4日~11日  パリ~ニース(フランス)
3月7日~13日  ティレーノ~アドリアーティコ(イタリア)
3月17日  ミラノ~サンレモ(イタリア)
3月19~25日  カタルーニャ一周/ボルタ・ア・カタルーニャ(スペイン)
3月23日  レコードバンク・E3・ハールビーク(ベルギー)
3月25日  ゲント~ベベルゲム・イン・フランダース・フィールズ(ベルギー)
3月28日  フランダース横断レース/ドワールス・ドール・ブラーンデレン(ベルギー)
4月1日  ロンド・バン・ブラーンデレン/ツール・デ・フランドル(ベルギー)
4月2~7日  バスク一周/ブエルタ・アル・パイス・バスコ(スペイン)
4月8日  パリ~ルーベ(フランス)
4月15日  アムステル・ゴールド・レース(オランダ)
4月18日  フレッシュ・ワロンヌ(ベルギー)
4月22日  リエージュ~バストーニュ~リエージュ(ベルギー)
4月24~29日  ツール・ド・ロマンディ(スイス)
5月1日  エシュボールン・フランクフルト《ルント・ウム・デン・フィナンツプラッツ》(ドイツ)
5月5~27日  ジロ・デ・イタリア(イタリア)
5月13~19日  アムゲン・ツアー・オブ・カリフォルニア(米国)
6月3~10日  クリテリウム・デュ・ドーフィネ(フランス)
6月9~17日  ツール・ド・スイス(スイス)
7月7~29日  ツール・ド・フランス(フランス)
7月29日  プルデンシャル・ライドロンドン・サリークラシック(英国)
8月4日  クラシカ・サンセバスティアン(スペイン)
8月4日~10日  ポーランド一周/ツール・ド・ポローニュ(ポーランド)
8月13~19日  ビンクバンク・ツアー(※旧エネコ・ツアー)
8月19日  ユーロアイズ・サイクラシックス・ハンブルク(ドイツ)
8月25日~9月16日  ブエルタ・ア・エスパーニャ(スペイン)
8月26日  ブルターニュ・クラシック・ウエストフランス(フランス)
9月7日  グランプリ・ド・ケベック(カナダ)
9月9日  グランプリ・ド・モントリオール(カナダ)
10月6日  イル・ロンバルディア(イタリア)
10月9~14日  プレジデンシャル・サイクリング・ツアー・オブ・ターキー(トルコ)
10月16~18日  グリー・ツアー・オブ・グアンシー(中国)

最終更新:6/23(金) 7:07
CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)