ここから本文です

バルサ幹部が今夏の大型補強を宣言! 「ビッグネームとの契約は必要だ」

6/23(金) 8:50配信

Football ZONE web

クラブのオフィシャル誌でバルサ強化担当が語る 「来たがらない選手もいる」

 バルセロナはリーガ・エスパニョーラ3連覇を逃し、スペイン代表MFアンドレス・イニエスタら長年にわたって骨格を支えてきた中盤のメンバーが徐々に高齢化するなど、過渡期を迎えている。そのなかでクラブの強化を担当するロベルト・エルナンデスSDは、クラブのオフィシャル雑誌で「ビッグネームとの契約はもちろん必要だ」と、大型補強宣言をしている。

【全ランキング】スイス調査機関CIESが算出! 「最新推定市場価格トップ110選手」

 バルサはリーガとスペイン国王杯連覇、そしてUEFAチャンピオンズリーグ優勝を成し遂げたルイス・エンリケ監督が今季限りで退任。後任にはアスレチック・ビルバオなどを率いたエルネスト・バルベルデ監督を招聘して新たなサイクルに入るが、エルナンデスSDは新指揮官についてこう話している。

「理論的に言ってしまえば、バルベルデが適応するためには一定の時間が必要だろうが、ただそれは長い時間かかるものではない。なぜならば、彼はフットボールの世界で生きてきた男だからだ。我々は数多くの情報を持っているし、見えないところで作業は動いているからね」

 また同氏は「我々はチーム構成上、必要性のあるポジションがあるのは言うまでもないし、ビッグネームの契約は必要としているのだ」としている。その一方で「我々が直面している最大の難問は、我々のクラブが大きすぎる点だ。大半の選手がプレー時間を長く与えられるとは思っておらず、来たがらない選手もいるのだ」と、新シーズンに向けた補強について含みを持たせている。

今季レギュラーの座をつかんだのは‥‥

 昨夏はポルトガル代表MFアンドレ・ゴメス、スペイン代表FWパコ・アルカセルら20代前半の選手を続々と獲得したものの、純然たるレギュラーを奪ったのはフランス代表DFサミュエル・ウムティティくらいだった。それについては「昨夏に契約した選手たちについては、キャリアにおいて大きな前進を果たしている」と擁護した。

 現在バルサはイタリア代表MFマルコ・ヴェラッティ(パリ・サンジェルマン)らを筆頭に、多くのビッグネーム獲得の噂が浮上しているが、来季に向けて移籍を実現できる選手は何人いるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:6/23(金) 8:50
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新