ここから本文です

広大な荒野でひたすら射撃練習する人々

6/23(金) 19:10配信

WIRED.jp

銃社会の奇妙な一面が見えた

北米大陸西部には、かつて「誰からも必要とされなかった土地」と呼ばれた閑散とした荒野が広がっている。いまでもそこは閑散としているが、人々は射撃練習のためにこの地を使うようになった。空の薬莢や穴だらけのゴミが散乱する荒野は、銃社会の奇妙な一面を浮かび上がらせている。

【写真でみる】射撃練習をする人と無数の薬莢

北アメリカ大陸の西部に位置するロッキー山脈、シエラネヴァダ山脈、そしてカスケード山脈に囲まれたインターマウンテンウェストと呼ばれる地帯は非常に広大で、閑散としている。何もないがために初期の入植者からも無視され、彼の地は「誰からも必要とされなかった土地」(The lands nobody wanted)と呼ばれていたのだという。

写真家、ダニエル・ジョージは大学で教鞭をとることが決まり、2014年にアイダホ州東部へ移住した。そこで彼は「誰からも必要とされなかった土地」と出会う。「このあたりには国有の広い土地があるんです。わたしの住んでいるところの近くにも450万エーカー(約18,000平方キロメートル)ほどの土地があって、誰でも使えるんですよ」とジョージは語る。

広大な国有地を散策していたジョージは、あちこちに空の薬莢と穴の空いたゴミが打ち捨てられていることに気づいた。そう、そこは人々が射撃の練習をする場所としても使われていたのだ。「環境のことが気になって不快な気持ちになりましたが、同時に視覚的な面白さがあることに気づきました」。こうしてジョージは射撃練習の様子を撮影し始め、『Nobody Wanted』 という作品を完成させた。

春夏秋冬、いつでも地面には薬莢が散らばっている。ひとりでライフルを構える男性もいれば夫婦もいるし、子どもに射撃を教えているであろう親子の姿もある。ターゲットとして使われたマットレスは穴だらけになり地面に転がっている。穴だらけで捨てられたフライパンやiPhoneは痛ましさを感じさせるが、見渡す限り何もない土地で射撃練習に取り組む人々の姿はどこかユーモラスでもある。「彼らは『誰からも必要とされなかった土地』を練習場として使いますが、ゴミは捨てたままだし保全しようとしてはいないように思えます」とジョージは語る。

「かつて誰からも必要とされなかった土地で、社会的・政治的・環境的な問題が複雑に交差していることに興味があるんです」。そうジョージは語る。この地で暮らす人々にとって射撃練習は日常的な営みなのかもしれない。しかし、日常の痕跡が積み重なってできあがったはずの景色はどこか異様でもある。「誰からも必要とされなかった土地」には何もない。だからこそ、そこには銃社会の奇妙な一面が浮き上がってくるのだ。

WIRED.jp_IS

最終更新:6/23(金) 19:10
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.28』

コンデナスト・ジャパン

2017年6月8日発売

630円(税込み)

特集「Making Things ものづくりの未来」。大量生産、大量消費の時代が終わりを迎えるなか、ヒトはいかにものと向き合い、それをつくり、使っていくのか。