ここから本文です

フェデラー、復調へ「良い兆候」 完勝8強で味わった「マイアミ以来、初めての感覚」

6/23(金) 11:21配信

THE ANSWER

ゲリー・ウェバーOP3年連続8強、エンジン全開間近「今後を見据えた上でいい状況だ」

 男子テニスのゲリー・ウェバー・オープンは22日、シングルス2回戦で世界ランキング5位のロジャー・フェデラー(スイス)がミーシャ・ズベレフ(ドイツ)に2-0でストレート勝ち。3年連続の準々決勝進出を決めた王者は、ATP公式サイトによると「今後を見据えた上で、いい状況だ」と調子を上げてきたことを認めている。

【動画】なぜ、35歳はそこまで走れるのか…「テニスTV」が紹介したフェデラーとズベレフの「ワールドクラス」のラリー

 2013年の今大会でズベレフと対戦しているフェデラーは「彼は全く変わっていて、強烈なサービスを手にしていたね。それは私にプレッシャーをかけた」と語る通り、第1セットは厳しい戦いとなった。

 タイブレークに持ち込まれながら7-6で取ると、続く第2セットも激しい打ち合いに。ATP公式中継サイト「テニスTV」が「ワールドクラス」と称賛したスーパーラリーも飛び出したが、最後は6-4で制して快勝。1回戦の杉田祐一(三菱電機)戦に続くストレート勝ちとなった。

 フェデラーは全仏オープンを含むクレーコートシーズンを全休し、復帰戦となったメルセデス・カップでは初戦敗退したが、徐々に調子を上げてきたようだ。その裏で、試合中には復調への「感覚」があったという。

「タイブレークを制した後は、本当にリラックスできたし、思うようにプレーすることができた。マイアミ以来初めて味わう感覚だった。良い兆候だと思う」

次戦は前年覇者マイヤー、復調かけた準々決勝「多くのものがかかっている」

 フェデラーの次戦は、前年王者であるフロリアン・マイヤー(ドイツ)との対戦となる。

「彼は芝コートで最も危険な相手だと考えている。とてもタフな相手だ。それに加えてディフェンディングチャンピオンだからね」

 こう警戒した一方、互いに復調をかけた一戦で闘志も燃やしている。

「彼はここまでベストのシーズンを送っているわけではない。だから、今回の試合は僕と同様に、彼にとっても多くのものがかかっている。僕らはいずれも勝ち上がって行きたいと思っているからね」

 今年は全豪オープンを制し、復活を印象づけているフェデラー。ウィンブルドンに向け、小休止を経て、徐々にエンジンがかかっている。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:6/23(金) 12:06
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。