ここから本文です

若者ってなんで変化を求めないの?と思った時に読む話 --- 城 繁幸

6/23(金) 16:01配信

アゴラ

今週のメルマガの前半部の紹介です。先日放送されたTBSサンデープロジェクトで、司会の関口宏氏(73歳)がこんな感じの発言をして話題になりました。
「若者は安定よりも変化を求めるべきではないか」

なんでも、上の世代より政権支持率が高いことに苦言を呈したんだとのこと。ついでに東大の姜尚中センセイ(66歳)もこんなこと言われてます。

「未来に希望がないから、現状にしがみついている」

“【参考リンク関口宏 安倍政権の高支持率を支える若者に苦言「変化を求めるべきではないか」】(http://news.livedoor.com/article/detail/13187127/)”

個人的にはちょっとビックリしましたね。へーそういう見方も世の中にはあるんだなと。筆者はむしろ、現役世代や現政権の方がいろいろ変化させようとしている側であり、上の世代が現状維持しようとしている方だと考えてましたから。ネットで話題になっているということは、同じような違和感をもった人たちが少なからずいた、ということでしょう。

こういう世代間の認識のギャップはなぜ生じるんでしょうか。そして、なぜなんだかんだ言われつつも現政権の支持率はたいして落ちないんでしょうか。

自分たちが保守化したことを認められない老人たち

学生時代に大暴れしたけどすっかり保守化した団塊世代が典型ですが、年を取ると、人は誰でも保守化するものです。まあ保守というと右寄りの人たちとかぶるのでここでは守旧派としましょう。これまでと違う新しいことはやりたがらない、改革や規制緩和といったワードに及び腰、くらいの意味です。特に社会的に地位のある人ほどその傾向は顕著で、既に十分豊かなんだからそれらを失うリスクのあることはやってほしくない、というロジックです。

春頃にBS朝日で報道されたドキュメンタリー「あさま山荘事件 立てこもり犯の告白」で、連合赤軍の生き残りの老人が現在は自民党員やってますとおっしゃられてるのを見た時は椅子から転げ落ちそうなくらい驚きましたけど、中々正直で良いと思いますね。

一方、同じような老人の中でも、中途半端に頭が良かったりする人は、そういう自らの変化がなかなか受け入れられません。では、どうするのか。変に理論武装して「変わったのは自分たちじゃない。社会、なかんずく若い世代の方なんだ」と主張することになります。彼らのひねくりだした代表的な“理論”は以下の3つです。

1/3ページ

最終更新:6/23(金) 16:01
アゴラ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

アゴラ-言論プラットフォーム

アゴラ研究所

毎日更新

無料

経済、ビジネス、情報通信、メディアなどをテーマに、専門家が実名で発言することで政策担当者、ジャーナリスト、一般市民との交流をはかる言論プラットフォーム