ここから本文です

ソフトバンク、飛車角落ちでも猛打爆発!交流戦MVP・柳田の3打席連発&東浜の今季初完封で快勝

6/23(金) 20:53配信

ベースボールチャンネル

〇ソフトバンク10-0西武●(ヤフオクドーム)

 ソフトバンクが投打で西武を圧倒し、快勝を飾った。

井口資仁、7つの偉業。30本40盗塁に自由契約でMLB、そして…。球史に残る内野手の歴史

 初回、ソフトバンクは川崎の内野安打・今宮の犠打・柳田の四球で一死1・2塁のチャンスを作ると、この日も4番に座る松田が2ストライクまで追い込まれた後にカーブを捉え、三遊間を抜ける左前打を放ち1点を先制した。

 2回もソフトバンクの勢いが止まらない。一死から川島が左前打で出塁すると、甲斐が四球・川崎が死球で出塁し一死満塁のチャンスを作る。そして、今宮がメヒアの右を抜ける右安打を放ち2点を追加。そして、柳田が左中間のホームランテラスに第16号となる3点本塁打を放ち、6点目を加えた。その後の3回にも川島が適時打を放ち、1点を追加した。

 そして、交流戦MVP男・柳田の打棒が爆発。4回は右中間スタンド前段に2打席連続となる2点本塁打を放ち2点、6回には再びソロ本塁打を放ち3打席連発。3打数3本塁打6打点と、リーグ戦再開となる初戦で最高の成績を残した。

 また、故障から復帰したデスパイネは7回の代打出場で安打を放ち、順調な回復をアピールした。

 先発・東浜は度々走者を出すも、要所をきっちりと締める投球で9回を123球、7安打、6奪三振、3四球、無失点と快投。前回登板では巨人・菅野との投げ合いを制することが出来なかったが、今回登板では打線の援護にも恵まれ、2013年以来となるプロ2度目の完封勝利を記録した。

 敗れた西武は、1番に秋山、4番に中村と交流戦以前の打順に戻してのリーグ戦再開となったが、東浜の前に好機で一打が出ず完封を喫した。

また、ソフトバンク戦は通算0勝10敗、防御率4.50と苦手にしている先発・菊池が3回途中7失点とこの日も試合を作れなかった。平井・ガルセスも失点を喫し、明るい話題が少ない投手陣だったが、故障から復帰した大石達也が故郷の福岡で1回を無安打無失点と昇格後すぐに結果を残した。

ベースボールチャンネル編集部