ここから本文です

原口元気の移籍金でヘルタが新戦力確保? プレミア移籍は加速か

6/23(金) 12:40配信

フットボールチャンネル

 ヘルタ・ベルリンが新たな選手の獲得が決定的となったことで、原口元気のプレミアリーグ移籍がさらに近づいたかもしれない。

香川は35得点で2位 ブンデスリーガ日本人得点ランキング 1位は…

 独紙『キッカー』など複数メディアによれば、ヘルタはオーストリア・ブンデスリーガのザルツブルクからオーストリア代表MFヴァレンティーノ・ラザロを獲得することで合意に至ったという。

 ラザロの移籍金は800万ユーロ(約9億9200万円)と報じられているが、ヘルタはこの資金をFCバーゼル移籍が噂されているスイス代表MFヴァレンティン・シュトッカーおよび原口を売却することで捻出する計画だったようだ。

 原口は来季からプレミアリーグに昇格するブライトン&ホーブ・アルビオンへの移籍が濃厚といわれており、ヘルタがラザロを獲得するとなれば同じポジションでプレーする原口のプレミアリーグ移籍はより近づくことが考えられる。

 ブライトンは300万ユーロ(約3億7200万円)のオファーを提示しているのに対し、ヘルタは600万ユーロ(約7億4400万円)を要求しているため、両クラブとの間には金額面で隔たりがある。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)