ここから本文です

首相の「都議選」応援は迷惑――自民党内からの恨み節

6/23(金) 18:00配信

デイリー新潮

 強引に国会を閉じて幕を引いても、「加計問題」は何ら解明されぬまま、今も燻り続けている。その火の粉が降りかかるのは、7月2日の東京都議選。苦しい戦いを強いられることになった自民党内からは、安倍総理への「恨み節」が聞こえて来るのだ。

 ***

 共謀罪が「中間報告」という異例の手法によって成立した6月15日、自民党の東京都選出の国会議員たちは憤慨していたという。

 党関係者の話。

「中間報告なんかせずに、国会を2~3日延長して熟議すべきだったと言う人もいれば、こんなタイミングで強引に国会を閉じられたら都議選に直撃すると言う人もいましたが、みんな一様に怒っていた」

 彼らのお膝元が舞台となる都議選は、定数1から8の42選挙区で、計127議席が争われる。

 自民党が6月10・11日の週末に行った情勢調査では、自民の46議席に対し都民ファーストが43議席だったのだが、

「次の週末の調査では、自民と都ファが並んでいた。内閣支持率が10ポイント前後も急落したことが響きました。というのも、そもそも報道各社が発表する支持率は全国平均値で、無党派層が多い東京に限ると、全体よりも10ポイント程低いのが通例だからです」(同)

 つまり、直近の内閣支持率が高くても49%だったことからすると、都内では今、永田町で「黄信号」といわれる30%台に突入している可能性があるのだ。

「うちは責任問題になるのを避けるために、目標議席数は設けていませんが、38議席は死守しなければならない。これは自民が惨敗した09年の都議選での獲得数で、いわば“惨敗ライン”です。けれど党内では、“下手すれば40議席を切るんじゃないか”という声も上がっている」(同)

 安倍総理の脳裏には「悪夢の再来」がチラついているに違いない。

■総理の顔

 もっとも、戦っている張本人たちには「現実」が差し迫っていて、

「率直に困ったなと思いますよ」

 と、ある自民党の候補者が打ち明ける。

「23日の告示までは、演説会の告知という形式をとった個人のポスターを選挙区内の色んな場所に貼っていますが、告示後は公営掲示板が個人ポスター、それ以外の場所が党の選挙ポスターになる。で、その党の方が安倍総理のワンショットなのです。総裁である安倍総理の顔になるのは当然とはいえ、加計問題が燻っている中では、やはり良いイメージにはなりません」

 政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏が続ける。

「自民党は“党をあげて戦う”と息巻いていますが、今後、下村博文都連会長の依頼に応じて安倍総理や菅官房長官が応援演説に入ったら、自民党にとっては逆効果になるでしょうね」

 高い支持率がつくり上げてきた安倍総理の「一強体制」にも、火の手が回りつつある。

特集「『五十肩で駆け付けた医師』は虚偽だった!?『安倍総理』隠しきれない深刻病状」より

「週刊新潮」2017年6月29日号 掲載

新潮社

最終更新:7/18(火) 13:58
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売
「新潮45」毎月18日発売

「デイリー新潮」は「週刊新潮」と「新潮45」の記事を配信する総合ニュースサイトです。