ここから本文です

他人の「のろけ話」をあえて浴びる→恋愛体質に変わる 読者の「おのろけエピソード」

6/23(金) 7:00配信

日経ウーマンオンライン(日経ウーマン)

 情熱的なプロポーズをされた、夫とは今もラブラブ、お姫様抱っこされる……など誰かに自慢したいけどなかなか大声で言えない「幸せ」ってありませんか。今回は読者のおのろけ話をどっさり集めました。ため息が出るほどの読者の甘~いエピソードを一挙公開しちゃいます。

【関連画像】……いただきます! (C) PIXTA

【調査概要】
◎日経ウーマンオンライン上で読者を対象に実施
◎調査期間:2017年5月1日(月)~5月31日(水)
◎有効回答数:135人

【今カレとのおのろけエピソード】
 今が幸せ絶頂! そんな恋する独身乙女たちから寄せられた現在進行形のおのろけエピソード。大人の恋も、ドキドキがいっぱいですね。

◆ 耳かきされるのが大好きな彼は、いつも途中で寝てしまいます。起きるまで動けませんが、幸せな時間です。(32歳、公務員、独身)

◆ 彼とLINEでしりとりをしていて突然、「俺のレス、頭の文字だけ読んでみて」と言われ読んでみると、「いつもありがとう だいすき」でした。だいぶ年上ですが、やることがいちいちかわいい彼です。(27歳、生活関連サービス、経理、独身)

◆ 今の彼はいつも怒っているように見えるけど、私と話すとちゃんと垂れ眉になって笑いかけてくれるので、きゅんとします。(32歳、小売、総務、独身)

◆ 普段はどちらかというとクールで淡白な彼ですが、眠いときと寝起きだけは、彼からくっついてきてくれるのがうれしいです。無意識みたいだから、なおさら萌えます。(40歳、教育・学習支援、教育関連専門職、独身)


【夫の「愛情表現力」が円満のカギ】
 結婚は時として「墓場」や「戦場」と揶揄(やゆ)されることもありますが、愛情表現が上手な旦那さんがいると、恋人時代の延長のような結婚生活が送れるようです。やっぱり言葉や態度で気持ちを伝えることは円満のカギ。既婚女性から寄せられたおのろけエピソードです。

◆ 「結婚は地獄っていうけど、毎日本当に楽しいよね」と夫がよく言います。お互いおっとりしているので、全くけんかがありません。(33歳、不動産、経理・企画・マーケティング・営業事務、既婚)

◆ 結婚4年の40代ですが、夫はよく「かわいい」と言ってくれます。「かわいい」と言っておけば、私の機嫌がいいので言っている、ということを私も分かっているのですが、やっぱりうれしいものです。(41歳、自営業、翻訳、既婚)

◆ 産休に入るとき、いつも通りに定時で退社し帰宅すると、「妊娠しながらの勤務お疲れさま、産休だね」と、夫が花束をくれた。うれしかった。(39歳、製造、技術職、既婚)

◆ 毎日必ずチュッとしてから出掛ける夫。けんかしても、疲れていても、仕事じゃなくてもとにかく出掛ける前にはする。(37歳、学術研究、技術サービス、既婚)

◆ 子どもが夜泣きをしたので別の部屋で寝ていたら、朝、夫に「やっぱり朝起きて隣にいないと寂しい」と言われた。(34歳、製造、受付、既婚)

◆ 夫は出会った頃から、「生まれて初めて一目惚れした」「こんなに好みな人は初めて」と言ってくれる。(30歳、パート・アルバイト、既婚)

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

日経ウーマン

日経BP社

2017年9月号

価格:590円(税込)

ぜ~んぶスッキリ!1分で捨てる新習慣
貯蓄1000万円お金の裏ワザ130
話が分かりやすい人の「伝えるコツ」
おとなの教養が身に付く夏の必読本