ここから本文です

夏の“型落ち”家電をお得に手に入れる「値切りの極意5か条」

6/24(土) 11:30配信

マネーポストWEB

 夏のボーナスの時期は、6月末から7月初旬にかけて新製品が出始めるので、いわゆる“型落ち”家電を買うチャンス。家電量販店などで、さらに安く、お得に買うには? 家電+ライフスタイルプロデューサーの神原サリーさんに、値切りのコツを教えてもらった。

【値切りの極意5か条】

(1)日曜日の夕方、月末、四半期末を狙う
 お店側が売上目標を達成したいので、値引きに応じてくれやすい。客足が遠のく雨の日も狙い目。

(2)交渉相手は「社員」
 価格の相談をするなら、アルバイト店員よりも、売上目標を気にしている社員をつかまえるのがベスト。◯要名札確認。

(3)最安値で値切り
「~では○円だった」と具体的な店名と価格を伝えて交渉しよう。ただし、価格規定の仕組みが違う『ドン・キホーテ』やホームセンターの価格は比較対象にならない。

(4)支払いは「現金」
 クレジットカードの手数料は店舗が支払うので、現金支払いを申し出たほうが値切りやすい。

(5)最後はコミュニケーション力
 店員も人なので、商品説明をきちんと聞いて感想を伝える。価格も丁寧な言葉で相談してみよう。必要なものが複数あるなら、「これも一緒に買うから」とお願いするのも手。

※女性セブン2017年6月29日・7月6日号

最終更新:6/24(土) 11:30
マネーポストWEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

マネーポスト

株式会社 小学館

2017年夏号
6月1日発売

定価620円

最新号の総力特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。「年内株価3倍期待の高成長株10」他、上がる株を一挙大公開。

Yahoo!ニュースからのお知らせ