ここから本文です

尾野真千子「涙がちょちょ切れとります」 向井理「真千子と共演できて幸せだったよ」

6/24(土) 14:01配信

エンタメOVO

 映画『いつまた、君と ~何日君再来~』の初日舞台あいさつが24日、東京都内で行われ、出演者の尾野真千子、向井理 、岸本加世子ほかが登場した。

 本作は、向井の祖母・朋子の半生記をつづった手記が原作。戦後の時代の波に翻弄されながらも懸命に生きる家族の姿を描く。

 上映後となった舞台あいさつでは、観客がスタンディングオベーションと大きな拍手で出演者らを迎え入れた。

 朋子を演じた尾野は感極まって号泣。向井がハンカチを手渡すと、尾野は涙を拭いながら「こんな経験が初めてだったので、ご褒美をもらえてうれしいです。(涙が)ちょちょ切れとります」と話して、笑いを誘った。

 向井は「戦後の大変な時代をくぐり抜けた人たちがいるから、今の日本があるんだなと思わせてくれる作品です。(13日に死去し、本作が遺作映画となった)野際(陽子)さんからも、あの時代が二度と来てほしくないというメッセージを送っていただきました。企画という不慣れなことで参加させていただいた作品ですが、皆さまの拍手に温かいエネルギーを頂き、自信になりました」と語り、目に涙を浮かべた。

 野際さんとの共演シーンが多かったという岸本は「去年の2月の現場でもとてもお元気で、監督に『野際さん、もうちょっと弱った感じを出していただいて大丈夫です』と言われたぐらい。本当に突然のことで。野際さんの映画の遺作にご一緒させていただくことができて光栄です」と語った。

 また、主役として作品を引っ張ってきた尾野に対し、向井がサプライズで花束をプレゼントする一幕もあった。向井が「幸せだったよ、真千子と共演できて。お疲れさまでした」とねぎらうと、尾野は再び号泣。涙ながらに「(向井の)妻をやらせていただいて、本当に毎日幸せで…。今日こんな日を迎えることができてうれしいです」と話した。

最終更新:6/24(土) 14:01
エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!