ここから本文です

井上雄太、初主演映画でオールラオスロケ完遂!「とても楽しかったです」

6/24(土) 10:00配信

ザテレビジョン

6月24日(土)に公開される、日本・ラオスによる史上初の合作映画「ラオス 竜の奇跡」で主演を務める若手俳優・井上雄太にインタビューを行った。

【写真を見る】井上雄太と“ミス・ラオス”2位の美貌を誇るティダー・シティサイの共演も話題に

同作は、1960年にラオスで起きた日本人技師の事故の実話を題材に描いたファンタジーで、井上は将来を夢見てダム建設調査のためにラオスを訪れた青年・川井を演じる。

そんな井上に、ラオスロケの感想や共演者の印象、撮影エピソードなどをたっぷりと語ってもらった。

――1年半くらい前に撮影されたそうですが、ラオスでの撮影はいかがでしたか?

とても楽しかったです。演じた川井はダム建設のためにラオスに働きに行ったのですが、現地の生活が好きで、現地の人たちも好きになったおかげでいろいろと行動を起こせたので、その気持ちに近づきたいと思っていました。

僕は2015年の10、11月の2カ月間ラオスに行っていたんですけど、いざ日本に帰るときは、まだ帰りたくないって思えるくらい好きになりました。

――ラオスという異国の地で、それも映画初主演ということで、プレッシャーはありましたか?

ラオス自体初めてでしたが、お話を頂いたからにはまず自分ができることは全部やろうと思いました。やはり不安だったので言葉の勉強から始まり、1960年当時に実際ダム建設のため現地へ働きに行っていた方にお話を伺ったり、とにかくできることをやりました。

――その方々とお話されて、何かすごいエピソードなどはありましたか?

お会いしたのは年配の方ばかりなのですが、エネルギーがすごかったです! その方々は当時、ラオスだけでなくいろいろな国で作業していた方々なんですよ。海外で作業するということは、今よりもっと大変なことだったはずなので、それを志す人たちはすごくエネルギッシュで、お話させていただいてとても面白かったです。

実際、映画でもあったように銃を突き付けられるとか、ここの国境を越えたら撃たれるからもう行くなとか、そういった話をとてもうれしそうになさるんですよ(笑)。結構ヤバイ話なのでは?と思いながらも、それを楽しめる人だからこそ海外で働こうと思ったのかなと思いました。

――ラオスに行かれて、何か戸惑ったことはありましたか?

いろいろありました。現地での撮影中は同じサンダルを履いていたんですけど、サンダルを脱いで室内に上がり、また外に出ようとして、パッと見ると自分のサンダルがなくなっているんですよ。あれ?って思ったら普通にラオス人のスタッフの方が履いていて(笑)。

ラオスでは人の物でも自由に使っていいという風習があって、日本人にとってそれは普通のことではないですが、現地の方にとっては普通のことなのかなと。そういった風習の違いはありました。

――その心の広い感じは、日本で言うところの沖縄に通じるものもありますかね?

そうですね! それはあるかもしれないです。ふんわりと、おおらかで、時間がゆっくりと流れている感じがします(笑)。ちょっと通じるものもあるかなと思います。

――映像を拝見したのですが、絶景ばかりですよね!

本当にすごいんですよ。この作品はオールラオスロケだったんですけど、最初の方のシーンで、ご飯を岩場で食べていたんですが、撮られている側は楽でも、撮っている側は本当にギリギリの状態だったんです。スタッフの方々も命懸けで撮影を行っていたんですよ。

あの絶景を押さえたいがために、もちろん天候もそうですし、場所にもとてもこだわられていました。

――撮影隊はほぼ現地の方だったのですか?

そうですね。日本の方とタイの方、そしてフランスの方、メインでラオスの方たちがいて、多国籍な現場だったので、コミュニケーションが大変でした。みんな英語がペラペラだったらいいんですけど、意思疎通も容易ではなく、通訳さんの取り合いのような感じになったこともありました(笑)。

――現地の言葉は覚えられましたか?

はい。セリフも基本的にラオス語だったので、日本語で言葉を覚えて撮影の1カ月前から現地入りしました。ラオス語を自分のものにしようと思っていましたので、現場に入るころには簡単なコミュニケーションを取れるくらいになりました。ずっとネーティブの言葉を聞いていたおかげですね。

――メコン川に落ちるシーンもありましたけど、あれは大変そうですね。

ありましたね! あの川にはヒルがいっぱいいて、溺れた後に川辺にもたれるシーン、実は足にたくさんヒルがついていたんですよ。ブーツを脱いだら中からいっぱい出てきて、ビックリしました(笑)。

でも、川での撮影はスタッフさんも細心の注意を払ってくださったので、怖さはなかったですね。ラオスの方々は川に落ちても余裕で泳げるんですよ。すごいですよね!

――ノイ役のティダー・シティサイさんの印象は?

彼女のことは、ずっと愛称の「トゥー」って呼んでいました。年下の女の子だし、仲良くなるのは難しいかなと思っていたんですけど、すっごくフレンドリーに接してくれました。

僕は日本人だし、何とかしてやろうって思ってくれたのだと思うんですけど、すごく気にかけてくれて、何度も一緒にご飯を食べに行きました。

それに、メークさんも以前からトゥーの友達だったらしくて、よく3人でピザを食べに行ったり、撮影がない日も3人でどこかに行ったり、気にかけてくれたおかげで、スムーズにコミュニケーションが取れました。

――お食事について気になるのですが、衝撃を受けた料理はありましたか?

現場では、日本人のスタッフさんもいたので、食事を用意するラオスの人たちも、気を使ってくださっていたので、それはありませんでした。ただ、僕が一足先に言葉を勉強するため、10月に現地に行ったとき、農場のような所に一カ月間住み込みでホームステイをさせてもらったんです。

そこでは、完全にラオスの人たちと生活を共にしていたので、農場の近くにある池で魚を釣ってそれを焼いて食べたり、カエルを食べたりしました。それは大丈夫だったんですけど、ある日、丸い虫の串焼きが食卓に出たんです…。

最初何の虫か分からなくて、何だろうと思って見ていたら、突然ハネが開いたんですよ。これは無理! 絶対に無理!と思って、唯一食べられなかったですね(笑)。

あとはパパイヤのサラダも、日本のタイ料理屋さんで出るようなのと違って、すごく辛かったです。3時のおやつで手に持って食べたら、とても舌が痛くなりました。

――特に印象に残っている場面はありますか?

僕が好きなのは、川井がリコーダーを吹いて、みんなを和ませるシーンです。川井がみんなに影響を与えたシーンなんじゃないかなと思っているのですが、あまり冷めた目で見られると僕の立つ瀬がないので、あそこは温かい気持ちで見てほしいです(笑)。

――何を吹くんだろうと思ったら、まさかの…(笑)。

本当ですよ! 僕も何を吹くんだろうって思っていたら、まさかの…(笑)。

――作品から離れますが、もともと役者を志望されたきっかけは?

思い返せば、幼稚園や小学校などいろいろな節目で劇という名の付くイベントがあったら、自分はいつも出ていました。お芝居が好きだったんですよ。それもあって舞台をやりたいという気持ちは強いですし、最初からそれを仕事にしなかったのは、周りにそういう人がいなかったから、可能性として考えられなかったんです。

でも、その後お仕事をご一緒した方が実際に役者として活動され始めて、僕も俳優を仕事にしていきたいという思いが次第に強くなり、事務所を探してオーディションをたくさん受けました。

――憧れの俳優さんはいますか?

堺雅人さんです。「リーガル・ハイ」(フジテレビ系)の芝居を拝見させていただいて、コメディーもできますし、かと思えばパリっとした演技もすごいですし。それに、堺さんが出されている本を読みまして、考え方が論理的で、芸術的な方だなと思いました。

日本を代表する俳優さんなのに、表現という部分で挑む姿勢を崩さないところをとても尊敬していますし、弟子にしてほしいくらい憧れています(笑)。

それに柳楽優弥さんも、とてもお芝居の経験が豊富な方で、お芝居を拝見させていただくたびに、僕ももっともっと頑張って、少しでも近づけるようにならなきゃという気持ちになります。

――今後やってみたい役はありますか?

剣士の役をやってみたいです。新選組の沖田総司のような天才剣士の役を。あとはサラリーマンもいいですよね。実際に(サラリーマンを)やっていたこともあってリアルにできるので、「ただのサラリーマンが出ていたけど?」という感じに思ってもらえたらうれしいですね。

――この夏やってみたいことは何かありますか?

まだ一回も行ったことがないので、野外フェスに行ってみたいです。「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017」って、8月にありますよね! 最近YouTubeで見て、岡崎体育さんのパフォーマンスが面白いなって思っていたんです。ぜひ生で見たいですね。

――最後にこれから見るファンの方にメッセージをお願いします。

「ラオス 竜の奇跡」という映画について、見てくださる方に2つ感じていただけたらいいなというのがあります。1つはシンプルにこの映画を見て、ラオスという国がとてもすてきな国だということを知ってもらえるきっかけになれば。

もう1つ、この映画から感じてほしいメッセージは、素直に生きることの素晴らしさだと思います。

川井という青年がとても真っすぐに仕事に立ち向かい、そこにいる人たちと接する中で、自分たちの足りない部分を受け入れ、お互いに壁を乗り越えて成長していきます。

ぜひそちらを劇場でご覧になっていただいて、感じていただければうれしいです。どうぞよろしくお願いします!

最終更新:6/24(土) 10:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)