ここから本文です

「救いとしての不倫」ブラック企業、パワハラ上司に疲れ果て――美央の場合〈上〉

6/24(土) 21:00配信

週刊女性PRIME

 世の中は不倫ブーム真っ盛り。しかし、実際に不倫している一人一人の女性に目を向けたとき、その背後には、様々な難題がおしかかってくる一方で、何の解決策も見つからないこの社会を生きる苦しみがあり、不倫という享楽に一種の救いを求める心理があるような気がしてならない。この連載では、そんな『救いとしての不倫』にスポットを当てていけたらと思っている。

(ノンフィクション・ライター 菅野久美子) 今回紹介するのは、都内の広告代理店に勤める独身女性、鈴木美央(仮名・33歳)だ。彼女は、同い年の妻子持ちと現在不倫関係にある。

「自分が相手の奥さんだったら、一番嫌なことをしていると思う」

「もしあたしと翔太君が奥さんより先に出会ってたら、絶対に結ばれていたって思うんですよ。ほんと、出会うタイミングって残酷だと思う。私たち、肉体関係はないんです。いわゆる、“プラトニック不倫”。だから法的には不倫関係じゃないよねって突っ込まれたら、それはそうだと思います。でも、自分が相手の奥さんだったら一番嫌だと思うんですよ、心で繋がっている関係って」

 美央は初恋の人について話すみたいに無邪気な笑みを浮かべた。

 東京、渋谷――。土曜の午後3時、家族連れが楽しそうに行き交う休日のセンター街。そこに少し急ぎ足気味で現れたのが美央だった。

 年の割には童顔なので、本人だとはすぐには気づかなかった。芸能人に例えると広瀬すず系の美人になるだろうか。白のブラウスの上に、落ち着いた黒のジャケットを羽織り、紺色のフレアスカートといういでたち。大手企業の受付嬢の一人と言われても遜色のない、とても魅力的な女性である。

 容姿を褒めると、「元祖妹系ってよく言われるんですよ」と照れた。

 美央が勤めている広告代理店は、完全週休2日制。年俸制のため残業代は出ない。それでも勉強のために休日出勤しているのだという。驚いていると「あたしって、根っからの社畜体質なんですよね」とつぶやいた。

 不倫相手は、妻と2人の子持ちの園田翔太(仮名・33歳)。大手広告代理店に勤める同い年のSEだ。翔太との出会いは、業界研究のセミナー。そのワークショップでたまたま同じ班だったのが、翔太だった。集団作業の中で、リーダーシップを発揮している姿がカッコよかったのだという。

「翔太君が結婚していたのは、最初から知ってたんです。自己紹介タイムで、赤ちゃんが生まれたばかりで、もっと稼がなきゃいけないんですって喋っていたから。聞くところによると、奥さんは専業主婦で働いたことないから、仕事の愚痴を言っても分かってくれないみたいですね」

 美央は、セミナー終了後、同じグループの全員とFacebook友達に。他のメンバーとは連絡がすぐに途絶えたが、翔太とはすぐに意気投合し、Facebookのメッセンジャーを通じて仕事や家庭の愚痴を言い合う仲となった。

1/2ページ

最終更新:6/24(土) 21:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」10月31日号
/ 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

Yahoo!ニュースからのお知らせ