ここから本文です

次世代の高層ビルは木でつくられる。世界各国で進む木造高層建築プロジェクト

6/24(土) 19:30配信

WIRED.jp

未来の高層ビルは、木材を使って建てられるかもしれない。最新技術との組み合わせによって、1世紀前には考えられなかった高さの建築物も立てられるようになった木材。いま世界各地では、木造の高層建築物の建設プロジェクトが進められている。

【木造の高層建築物の建設プロジェクト】

イリノイ州シカゴは「金属とコンクリートの街」だ。1965年に建設が開始された「ジョン・ハンコック・センター」には、約2,200万トンのアルミニウムが使われた。これは、ツアーバスを約96台製造できる量だ。そして、1970年に建設が始まった地上高約440mの超高層ビル「ウィリス・タワー」(旧シアーズ・タワー)には、7億9,000万トンを超える鋼鉄が使われている。

しかしこのところ、とある新しい建築材を超高層ビルに使おうという野心的な提案が、シカゴをはじめとする世界各地でされている。木だ。

現在、シカゴ川沿いの敷地に、すべてが木でできた新しい様式の高層建築物を建設しようとするプロジェクトが進行中だ。この「リヴァー・ビーチ・タワー」は、ブナ材でつくられた細長い形の80階建てのビルで、シカゴの暗く無表情な地平線を背景に金色のシルエットが浮かび上がるようデザインされている。

このコンセプトビルの建設はまだ始まっていないどころか、建設されない可能性すらある。これはケンブリッジ大学と、建築設計会社Perkins + Will、設計コンサルティング会社Thornton Tomasettiによる進行中のプロジェクトの一環なのだ。このプロジェクトの目標は、こうした巨大な木造タワーをどのようにして実現するかという長年の問いに答えを出すことである。

来たる「木材の時代」

リヴァー・ビーチ・タワーは、この数年間に登場した野心的なアイデアのひとつに過ぎない。ロンドンでは、80階建ての木造超高層ビル「オークウッド・タワー」が提案されている[関連記事]。スウェーデンのストックホルムでは、街で最も高い約130mの高さの居住用高層ビルの計画が進行中だ[関連記事]。2016年に死去した建築家ザハ・ハディドの建築設計会社は2016年11月に、うねるようなデザインの木造サッカースタジアムを英国で建設する契約を受注した。

もちろん、木材は建築素材として新しいものではない。19世紀後半まで、木材は主要な建築材料だった。それを変えたのは、米国の主要都市で次々と発生した大規模火災だ。これによって木材の燃えやすさという弱点が浮き彫りになり、建築家たちが鋼鉄やコンクリートなどの新しい材料を探究するようになった。しかしイノヴェイションによって、木は再び魅力的な建築材になりはじめている。

「クロス・ラミネーティッド・ティンバー」(CLT、直交集成板)と呼ばれる非常に強度の高い合板は、異なる木の板や角材を貼りあわせることによって、鋼鉄に匹敵する強度をもつ積層構造の複合材料だ。この新しい材料を、コンピューター数値制御(CNC)によるフライス加工のような精密なデジタル製造プロセスと組みあわせることによって、1世紀前には考えられなかった高さの木造建築が可能になった。

環境上の特性はさらに魅力的だ。木材は二酸化炭素を閉じ込める働きをするため、大気中に余分な二酸化炭素を排出しないですむのだ。

1/2ページ

最終更新:6/24(土) 19:30
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.28』

コンデナスト・ジャパン

2017年6月8日発売

630円(税込み)

特集「Making Things ものづくりの未来」。大量生産、大量消費の時代が終わりを迎えるなか、ヒトはいかにものと向き合い、それをつくり、使っていくのか。