ここから本文です

不調の侍戦士、「WBC疲れ」は無関係。言い訳せずに後半戦で巻き返しを【里崎智也の捕手異論】

6/24(土) 10:01配信

ベースボールチャンネル

 先日のDeNA戦でようやく今季初勝利を挙げた千葉ロッテ・石川歩や、打率2割台前半と低迷するヤクルト・山田哲人をはじめ、WBCで活躍しながら調子の上がってこない“侍戦士”は数多い。まことしやかにささやかれる「WBC疲れ」を、代表経験者の里崎智也氏が斬る!!(『週刊実話』17年6月1日号より抜粋して掲載。本記事は5月上旬の取材をもとに構成されています)

美人すぎる女子プロ野球選手【埼玉アストライア・川端友紀】

■“侍戦士”の不調はWBCとは無関係

──WBCが開催された今季は、開幕直後から不振だった筒香嘉智(DeNA)や山田哲人(ヤクルト)といった“侍戦士”たちの“後遺症”を指摘する声もありますよね。

「調整期間をもっと空けるべきだった」とか言ってる人には、逆に「どれだけ空けたら、全員活躍するようになるんや?」って聞きたいですよね。WBCがあろうがなかろうが、前年のタイトルホルダーが開幕から十何打席ノーヒットなんて話はしょっちゅう聞く話ですし、ピッチャーが何試合も“勝ちに見放される”のもよくあること。現にきっちり結果を出している選手もいるわけだから、そんなものは結局、選手本人の問題でしかないんです。そもそも、僕らがキューバを倒して世界一になった06年の第1回なんて、帰国から開幕までたった3日しかなかったですしね(笑)。

──さすが経験者。それは説得力があります(笑)。

 中田(翔/日本ハム)とか武田(翔太/ソフトバンク)とか、僕らのときだったら石井弘寿(現・ヤクルト2軍コーチ)とか、大会期間中に怪我をしたような選手であれば、間違いなく“後遺症”はあるでしょうけど、それ以外はほぼ間違いなく無関係。だいたい、扱いにくい球から、慣れ親しんだ球に戻って、不調を起こす人なんていないんです。サラリーマンに置きかえても、借りもののPCから1ヵ月ぶりに自分の愛機に戻って、「仕事しづらいわー」なんて言ってる人はきっといないと思うんで(笑)。


■好不調の波はつきもの、トータルの結果が全て

──しかも、シーズンはまだまだこれから。いくらでも挽回はできますしね。

 たとえ序盤は出遅れたとしても、トータルがよければそれでいいわけですから、取りたてて問題にする必要はないのかな、と。どんな一流の選手でも好不調の波は必ずあるものですし、それがどのタイミングで来るかは人それぞれ。代表に選ばれるレベルの選手であれば、最終的にはそこそこの数字にまとめてくると思います。もっとも、いくら4割超えの打率を残したからって、これまで2割前後しか打ったことのない小林(誠司/巨人)にいきなり「3割打て!」っていうのは、さすがに酷。僕自身も第1回のときは打率4割9厘でベストナインにも選ばれながら、その年のシーズンは2割6分4厘に終わってますからね(笑)。

──とは言え、同年の里崎さんは本塁打17本、長打率も4割6分3厘と存在感は十二分。小林誠が里崎さんのような“打てる捕手”へとひと皮剥けるかどうかにも要注目ですね!


(取材・文:『週刊実話』)


里崎智也

1976年5月20日、徳島県生まれ。鳴門工(現鳴門渦潮高)、帝京大学を経て98年のドラフト会議で千葉ロッテマリーンズを逆指名して、入団。03年に78試合ながら打率3割をマークし、レギュラー定着の足がかりをつくる。05年は橋本将との併用ながらも、日本一に貢献。06年にはWBC日本代表として世界一にも輝いた。持ち前の勝負強さで数々の名シーンを演出。00年代の千葉ロッテを牽引した“歌って、踊って、打ちまくる”エンターテイナーとしてファンからも熱烈に支持された。14年限りで現役引退。現在はプロ野球解説者・評論家を務める。

ベースボールチャンネル編集部