ここから本文です

【泉里香】モテを意識しない男前発言とは?【いま一番“旬な美女”】 [VOCE]

6/24(土) 19:01配信

講談社 JOSEISHI.NET

「なれるものなら泉里香ちゃん!」そんな風に巷の女子たちの憧れを一身に集めている、モデル・泉里香。数々の雑誌のカバーを飾り、4月に発売した初の写真集も好評で売り切れ店が続出! TVのバラエティ番組にもひっぱりだこ。そんな、最も旬な美女の魅力の秘密を解明。

いっぱい悩んで失敗してその経験があるからこそ“今”があるんだと思う

雑誌で、TVで。その姿を見ない日はないと言っても過言ではないほどの人気ぶり。端正な美貌と女らしさの理想形とも言えるカーヴィーなボディで人気のモデル・泉里香は今、快進撃の真っ最中。順風満帆に見える彼女だが、悩んだり、失敗した過去もあったという。
「20代前半は顔もまん丸だったし、今よりずっと体にお肉がついてました。あの頃は、コンプレックスの塊でした。背が高くて痩せている他のモデルさんと比較しては落ち込んだり……。ダイエットもありとあらゆるものを試して、失敗もたくさん経験しました」

 その後、パーソナルトレーナーの武田敏希氏に出会い、運動の大切さを実感。その後、今の理想的なボディへと変身していった。「痩せたと実感できるまでにかかった年数は2年半くらい。スタイリストさんに『痩せたね!』って言ってもらう機会が増えたんです。私、努力って結果を出さなければ意味がないって思うんです。モデルって“成績表”のない仕事。だから、次も撮影に呼んでもらえるとか、結果を実感できるまでは満足しちゃダメなのではと。自分ではストイックではないと思うし、ノーストレスだけど、まわりからは『まるで修行僧』」ってよく言われます(笑)。鶏肉は皮をはがして食べるとか、撮影前は夜、お腹が空いたらプロテインを飲んで寝るとか、夜に自宅で腹筋ローラーを使ってトレーニングをするとか、この仕事をしている以上、自分にとっては当たり前のことなんですけどね」 甘いルックスからは想像できない、アスリート気質の男前発言が。でもこのギャップこそが、彼女の人気の起爆剤なのかもしれない。

セクシーでいたいって思う。でも「モテ」は意識しないかも

「清楚とか上品とか、女性の魅力には種類がある。その中で、私の武器はセクシーさだと思っていて。体の丸みや柔らかな質感、肌の白さで表現したい。実は男目線は、特に気にしてないですね」

1/2ページ