ここから本文です

名レフェリーが審判を欺く“ダイブ”に警告 ビデオ判定導入で「即刻処分される」

6/24(土) 17:06配信

Football ZONE web

米MLSのVAR部門責任者に就任したハワード・ウェブ氏

 ワールドカップ(W杯)やUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝でも笛を吹いた元国際主審のハワード・ウェブ氏は、ビデオ・アシスタントレフェリー(VAR)の普及を支持している。ビデオ判定によって、審判を欺くプレーを行う“ダイバー”は「即刻処分を受けることになる」と、スポーツマンシップに反する行為を行う選手たちに警告した。英紙「デイリー・メール」が報じている。

【動画】中国で大惨事! オスカルの暴挙が発端…50人規模の大乱闘が勃発!

 VARは試合におけるPKの判定やオフサイドの場面など、決定的なシーンでのプレーを映像で検証する。昨年末のクラブW杯でFIFA主催大会で初めて導入され、現在ロシアで行われているコンフェデレーションズカップでも使用されている。来季はイングランドやドイツでも試験的に導入されることが決まっている。

 現役を引退したウェブ氏は、現在アメリカMLSのVAR部門の責任者に就任。このVARの普及によって、審判を欺く“ダイバー”が減少してほしいと期待を寄せている。

「もしもダイバーがPK獲得に関与した場合、プレーヤーが接触なしで倒れ、審判が騙されたとしても、VARはそれを確認することができる。VARはそれが明らかなダイブだと見ている」

 ペナルティーエリア内でPKを獲得するために、足が引っかかったように見せて故意に倒れるプレーには批判も多いが、これまでも実際に試合の駆け引きのなかで多く見られている。試合中はお咎めなしでも、後に明らかとなって処分が下されるケースもある。

ロシアW杯は「大きなテストとなる」

 しかし、ウェブ氏は「間違った形でPKが認められることになってしまうので、VARがないよりはあったほうがいい」とその有用性を強調。ダイブを行った選手は「即刻、処分されるだろう」と警告した。

 そして来年のロシアW杯でもVARが使用されることが決まっている。現時点では試験的な取り組みだが、ウェブ氏は「ロシアW杯は大きなテストとなる。IFAB(国際サッカー評議会)は2018年か19年には(VARを)試合規則に取り込むかどうかの決断をすると言っていた」と本大会での成果が鍵になると語っている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:6/24(土) 17:06
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新