ここから本文です

【J1展望】広島×大宮|残留争いライバル対決は「我慢」がキーワード

6/24(土) 14:00配信

SOCCER DIGEST Web

広島――先制点を取るという気持ちがほしい。

J1リーグ15節
サンフレッチェ広島×大宮アルディージャ
6月25日(日)/18:30/エディオンスタジアム広島
 
サンフレッチェ広島
今季成績(15節終了時):17位 勝点10 2勝4分9敗 12得点・23失点

【PHOTO】美女揃い!Jクラブ応援番組のMC&レポーターたち♥

【最新チーム事情】
●負傷から回復した森崎和幸、主力組でトレーニング。
●天皇杯で3得点。好調を維持する控え組。
●脳震盪から回復した柏好文、大宮戦に間に合いそう
 
【担当記者の視点】
 非常に良い内容のサッカーを見せながらも勝てない。それが、今の広島の力である。人に対して厳しい守備を仕掛けながらも、相手が修正してくるとその変化についていけず、我慢できずに失点してしまう。失点した後に攻撃を仕掛け、チャンスを作るところまではいけるが、最後にネットを揺さぶれない。

「大宮は前線にタレントがいるし、監督が替わって状態が上向いている」と水本裕貴は警戒を隠さない。大黒柱である森崎和幸が戻ってくることで、攻守ともにクオリティが向上する確率は高いが、チャンスを得点につなげられないと守備も我慢し続けることも難しくなる。

 今季は、先制点を決めた試合は15試合中わずか4試合。相手に先制を許さないことも大切だが、気持ちは先制点を取るという方向性がほしい。鹿島戦の後半から選手たちに復活した積極性を試合開始から発揮したい。

大宮――素早い切り替えによる守備とポゼッションによって寸断したい。

J1リーグ15節
サンフレッチェ広島×大宮アルディージャ
6月25日(日)/18:30/エディオンスタジアム広島

大宮アルディージャ
今季成績(15節終了時):16位 勝点11 3勝2分10敗 10得点・28失点

【最新チーム事情】
●新外国籍選手・マルセロの加入が発表。
●播戸が全体練習に合流。
●連戦に加えて試合前日、前々日が非公開のため詳細は不明。
 
【担当記者の視点】
 前節・新潟戦では残留争いのライバルに対して2-1の勝利。2試合続けての下位対決だが、新潟と広島はかなり毛色の違う相手となる。伊藤彰監督の下で攻撃サッカーを突き詰める大宮にとって、ボールポゼッションに優れた広島との対戦では、主導権を握る時間をどれだけ増やせるかがカギとなるだろう。

 ボールを握ってリズムを掴みたい広島の意図を、素早い切り替えによる守備とポゼッションによってどれだけ寸断できるか。その出来次第で、試合展開は大きく変わってくるはずだ。

最終更新:6/24(土) 14:00
SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ