ここから本文です

第一屋製パン(2215)、株主優待の変更を発表!併合(10株⇒1株)と単元株変更に伴うもので、自社グループ会社商品がもらえる内容は変化なし

6/24(土) 22:20配信

ダイヤモンド・ザイ

 「第一パン」として知られる第一屋製パン株式会社は、株式併合(10株⇒1株)と単元株数の変更(1000株⇒100株)に伴い、株主優待の配布基準を変更すると2017年6月20日に発表した。

【詳細画像または表】

 第一屋製パンの株主優待は、従来、毎年12月末時点の株主優待名簿に記載または記録された株主を対象に実施されており、内容は「1000株以上保有する株主に、自社グループ商品詰め合わせを贈呈(※2016年はレーズンサンド等が贈呈された)」というものだった。

 今後も株主優待の内容に変更はないが、2017年7月1日を効力発生日とする株式併合(10株⇒1株)と単元株変更(1000株⇒100株)に伴い、配布基準が従来の「1000株以上」から「100株以上」に変更される。

 この株主優待の変更が適用されるのは、2017年12月末日時点の株主名簿に記載または記録されている株主からとなる。

第一屋製パンの株主優待の詳細とは?

  【変更前】

  基準日
  保有株式数
  株主優待内容
  12月末
  1000株以上
  自社グループ商品詰め合わせ

  【変更後】

  基準日
  保有株式数
  株主優待内容
  12月末
  100株以上
  自社グループ商品詰め合わせ

 第一屋製パンの株主優待は、自社グループ商品の詰め合わせ。内容や金額は明らかにされていないため、株主優待利回りの算出は不可能。しかし、人気の食品系株主優待であり、例年は万人受けしそうなお菓子などが贈呈されているので、個人投資家からの注目度は高い。なお、今回の変更は株式併合と単元株数の変更に伴うものであり、株主優待の内容自体は変更されず、最低投資金額の水準にも変更はない。

 第一屋製パンは東京都小平市に本社を置く中堅のパンメーカー。1947年創業。2017年12月期連結業績予想(通期)は、すべて前期比で、売上高1.1%増、営業利益は1.3%増、経常利益は3.1%増、当期純利益は9.6%増。足元では定番のキャラクターパンや総菜パンなどが好調。

 ■第一屋製パン

 業種
 コード
 市場
 権利確定月
 食料品
 2215
 東証1部
 12月末
 株価(終値)
 単元株数
(※2017年6月現在)
 最低投資金額
 配当利回り
 122円
 1000株
 12万2000円
 ―
 【第一屋製パンの最新の株価チャート・株主優待の詳細はこちら! 】

 ※株価などのデータは2017年6月23日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。

ザイ・オンライン編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ダイヤモンド・ザイ

株式会社ダイヤモンド社

10月号:8月21日(月)

定価730円(税込)