ここから本文です

ぼろぼろのぬいぐるみに詰まった、笑いや涙の思い出

6/24(土) 11:00配信

ダ・ヴィンチニュース

 ぼろぼろになるまで共に過ごしたぬいぐるみを紹介する『愛されすぎたぬいぐるみたち』が、2017年6月13日(火)に発売された。

 同書の著者は、アイルランドの首都ダブリン在住の写真家マーク・ニクソン。4年前、彼は自分のスタジオで大切なぬいぐるみと持ち主の写真を撮り、ホームページに載せたところ、1カ月で150万件以上のアクセスが集まり、3カ月で450万件を超えるほどに。それらをまとめた写真集『MUCH LOVED』は中国からペルー、アイスランド、アルゼンチン、アメリカからロシアまで、そしてヨーロッパ中でもニュースやブログで話題に。日本でも、2015年6月に放映された「マツコの知らない世界」で紹介されている。

 日本語に翻訳された同書では、U2のボノやミスター・ビーンのクマをはじめとした、愛の重みを一身に受けたぬいぐるみたちの笑いや涙の思い出が詰まった文章&写真を61体も掲載している。ここではそのうちの11体を紹介しよう

グレッグのクマ

U2の「ワン・トゥリー・ヒル」はこのぬいぐるみの持ち主だったグレッグのために作られた曲。グレッグが若くして交通事故で早世したとき、親友のボノがもらい受けた。

ピンクテディ(24歳)

1988年のクリスマス、持ち主が生後6カ月の時に鮮やかなピンクのクマとしてプレゼントされた。そのクリスマスパーティでこのテディは何故かバラバラにされてしまったので、大おばさんが来て丁寧に直してくれたそう。その事件以来とても大切にされている。

ビリー(102歳)

ビリーはアランが4歳の時、おじさんにもらったぬいぐるみ。アランが20歳のとき、ビリーを残して働きに行ってしまったので弟のダレルのものに。102歳になっても飾り棚で微笑んでいる。

ピーター(50代)

この『愛されすぎたぬいぐるみたち』の展示会のためにピーターは連れてこられた。50代なかばのピーターはお手製の編み物で遊び着を作ってもらい、今は寝室でいちばんセレブな場所に置かれている。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【表紙】乃木坂46
特集1:乃木坂46 結成7年、その言葉は誰のものか?
特集2:フツーになんて生きられない。大人のための恋愛マンガ 恋する私たちはちょっとおかしい