ここから本文です

「AKB48選抜総選挙」56位→15位! “不死鳥” SKE高柳明音、爆笑本音トークのお相手

6/24(土) 6:20配信

デイリー新潮

「第9回AKB48選抜総選挙」開票イベント(2017年6月17日・沖縄)は、悪天候で無観客開票となり、NMB48の須藤凜々花が突然の結婚宣言をするなど、波乱の展開となった。

 そのイベントで、2年ぶり2度目の選抜入りを果たしたのが、大の鳥好きで知られるSKE48の高柳明音だ。速報で56位だった高柳は、最終的には3万8576票を獲得し15位にランクイン。まさに“不死鳥”のごとく選抜メンバーに舞い戻ったのである。

 このおめでたい結果にファンたちも「選抜返り咲きおめでとうございます! しかも15(インコ)位! この運命もすごい笑! 思い切り羽ばたいてください」と祝福。高柳自身もTwitterで「私を愛してくれてる皆へ 人生かけて恩返しをしていきます 絶対幸せにします」とコメント。また鳥専用のTwitterでは「15! 15!」と喜びを伝えた。

 そんな高柳が、鳥類学者の川上和人氏の新刊『鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。』刊行記念トークイベント「鳥類学者という蛮族がいた!」(2017年5月25日・神楽坂)にサプライズ登場し、ファンだけでなく鳥好きの人々を大いに沸かせていたことはご存じだろうか。

 複数のインコを飼い、自称「鳥がいないと生きていけない系女子」の高柳と、小笠原諸島をフィールドに研究を続ける川上氏の爆笑トークの一部をご紹介すると――。

■ピンチの時に進化する

川上 高柳さんが飼われているインコって、実は鳥の中でもすごく変わっている種なんですよ。
高柳 人になつきやすいんですよね。頭がいいんでしょうか? 
川上 すごく頭がいいんです。頭も大きいでしょう。そして頭が大きい動物って、なぜかかわいく見えるんです。でも、頭がいいって本当は大変なことなんですよ。インコの頭がよくなったのにも理由があるはずです。脳自体は、タンパク質と脂肪のかたまりで、多くの栄養を使っています。飛ぶのと同じで、頭を使うのは、やはり大変なエネルギーがいる。
高柳 どうやったら頭ってよくなるんだろう。頭がよくなりたい! 
川上 頭がよくなりたいという欲望を持っている時点で、もう既に頭がいいんです。そもそも鳥は、恐竜から進化したのですが、その恐竜にしても、植物食で食物が足りている種では、脳が小さいんです。莫大なエネルギーがかかる脳、多大なコストがかかる脳なんて、必要なければいらない。けれども、大型の動物を狩る肉食になると、必死で逃げる獲物を追わなきゃいけないので、脳が進化したんだと考えられます。草食恐竜に比べると肉食恐竜は脳がとても大きくなっています。鳥は恐竜に比べれば、体こそ小さくなったものの、頭はさらによくなっている。それはよくならざるをえない何か、理由があったからです。
高柳 その理由は何なのか、判ってるんでしょうか? 
川上 判んないです(きっぱり)。
高柳 そんな即答で(笑)。

川上 たとえば、インコの原産地であるオーストラリアの茂みの中で、食べ物を探している時に、頭が悪い個体は何らかの理由で死んでしまい、頭のいいのが生き残ったんだな、そう思いながら僕はインコを見ています。
高柳 インコを見ながらそんなことを(笑)。そういえばカラスって頭がよくて、5歳児程度の知能だといいますよね。
川上 そうですね、それはカレドニアガラスという種類の研究で、この鳥では、なんと道具を使うことが観察されているんです。木の穴の中にいる虫を釣るために、枝を加工したりする。残念ながら日本のハシブトガラス、ハシボソガラスについての研究ではないんです。
高柳 カレドニアガラス! ハシブトガラス、ハシボソガラスしか知りませんでした。
川上 世界中に沢山の種類のカラスがいるんですよ。中でもカレドニアガラスは、天国に一番近いカラスって呼ばれています。このカレドニアガラス以外にも、キツツキフィンチ、ササゴイ、アナホリフクロウなども道具を使うことが知られています。キツツキフィンチはガラパゴスにいる鳥で、やはり木の枝で虫を捕ります。アナホリフクロウは、穴を掘って巣を作りますが、その自分の巣の前に動物の糞をおいて、そこに集まる虫を捕って食べる。共通するのは、厳しい環境に生きる鳥ということです。島や乾燥地帯など、食べ物が少ないところで生活しているんですね。だから頭がよくなったということは、そうでないと生き残れないほど環境が厳しかった可能性があります。まあ、ちょっと馬鹿なくらいが、実はハッピーに生きられている証拠なのかもしれません。
高柳 馬鹿がいいか、賢い方がいいか、う~ん。でもピンチの時の方が、可能性って開けたりしますもんね。
川上 そうです。逆に今のままで何とかなるなら、生き物は基本的にそのままなんです。ピンチの時だからこそ変化、進化する。

1/2ページ

最終更新:6/24(土) 6:20
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売
「新潮45」毎月18日発売

「デイリー新潮」は「週刊新潮」と「新潮45」の記事を配信する総合ニュースサイトです。