ここから本文です

「ネット世代の公営ギャンブル必勝法」はSNSにあり

6/24(土) 16:00配信

週刊SPA!

 競馬をはじめ、ボートや競輪、オートレースと、すべての公営競技ではインターネット投票が利用できることを皆さんはご存知だろうか? ここ数年、入場者数が減って久しいと言われている公営競技界だが、実はネットでレースを購入する比率がどんどん増えており、本場へ行かずに家で手軽に投票……というのが、ここ数年のトレンドだ。実際、各競技の売り上げは下げ止まっているのである。

 ネット投票の充実につれて各競技団体はネット中継にも力を入れるようになってきた(中央競馬除く)。無料でレースのライブ配信やダイジェストも見ることができるため、わざわざレースをやっている場所に行かなくても、ネットでレースを見ながら買うという「ネット投票世代」が静かに増えているというわけだ。

 20代30代を中心とした「ネット投票世代」は、自宅や外出先のスマホでゆっくりとレースを見て、投票する。仕事や家庭で忙しくても「ソシャゲ感覚」で公営競技を楽しむ人々が増えているのである。実はこのように観戦の主戦場がネットへ移行したことで、新たな必勝法が公営競技には生まれ始めているのだ。

◆蹄鉄を見抜いて馬の状態を見抜く!

 意外と知られていないのだが、競馬では馬の靴とも言われる蹄鉄の形が非常に重要な要素になっている。だが、ほとんどの新聞などでは蹄鉄の形や、変更についてはあまり触れない。かなりマニアックな情報だが、蹄鉄はアスリートのスパイクみたいなものである。変更や形はかなり重要な情報になるのだ。こんな情報もツイッターで「パドック」と検索してみると面白い。競馬好きたち、しかもパドックの状態に重きを置いて予想するパドック派たちが現地やモニターで確認した直前情報がどんどん出てくる。

「J鉄(※蹄に問題がある馬が装着していることが多い蹄鉄)を履いてるぞ!」とか「歩様がおかしい……」などなど、そこまで見てんのか!と思わず感嘆の声が出てしまうような情報まで出てくるから面白い。最終的には自己判断になるが「この人のツイート調子いいな」と判断してお宝情報を選ぶのも、また楽しいのである。

◆ニコ生主の予想の裏をかく

 ギャンブル好きのサラリーマンにとって残業は痛い。ナイターレースが買えなくなってしまうからだ。だが、ナイターを買う時間がなくても、深夜にはまだ「ミッドナイト」がある。競輪やオートレースでは、21時ごろから23時すぎまでの時間でネット投票専用のミッドナイトレースをやっているのだ。競輪は普段ならば9車立てが基本なのだが、ミッドナイト競輪では7車立てで難易度を下げて開催しているため、初心者でも当てやすいようになっている。

 また、ミッドナイト開始は主催者が公式配信とは別に、ニコ生での放送を実施している。ここには多くのネット投票世代が、お互いの予想や感想をコメントしながら投票している。ニコ生と公式配信でわざわざ別番組を放送しているところもあり、初心者にも説明が多くわかりやすい。ただ、ニコ生での放送に「投票が流れる」ので、放送内容やコメントに出てこない目は配当がよくなる傾向がある。そこを狙って効率よく稼ごう。

 さらに注目したいのは「個人ニコ生の予想配信」だ。シビアな配分や公式では言えない選手の癖などを把握している生主の話は、タダで聴ける予想屋なのだ。彼らも人を引き付ける予想ができないと人が集まらないため、お気に入りの個人ニコ生をぜひ見つけてほしい。

 朝が早いサラリーマンにはボートレースの早朝レースがオススメだ。朝9時前に組まれる「早朝レース」は芦屋・唐津・徳山の各ボートレース場で行われており、レースの傾向もイン有利が徹底。1号艇シード番組が組まれていて、とりあえずインから2着以下が誰かを探すのが基本となる番組で勝負することができる。イン勝率が平均で50%とされるボートレースだが、こと早朝レースに限って言えばイン勝率は70%を超える“銀行レース”となる(※銀行レースとは堅い配当で決まる本命レースのこと)。通勤途中のサラリーマンに非常にやさしい。ここで仕事前に一勝負、通勤電車のなかで勝負し、結果まで確認してから仕事を始められる。当たっていれば、そのまま昼飯をリッチに過ごすのが「ネット投票世代」流だ。

◆ネットで知り合いリアルな交流も……

 昔は本場で知り合って仲よくなり、競輪仲間や競馬仲間なんてものができたりもしたのだが、最近は本場ではなくネット上で知り合ってから本場へ……なんてケースも珍しくはない。かくいう私もツイッターやニコ生で知り合ったネット投票世代と、どんどん交流して新しい予想の風を感じており、そんな人たちが集まるリアルの場所もあったりする。東京・下高井戸にある「JAZZKEIRIN」では、20代~30代の「ネット投票世代」が集まる店として、ネットだけでは語れないことを肴に交流、情報交換をしているのだ。

 忙しいからこそ、空いたスキマ時間に打つ。メリハリをつけて遊んでいる「ネット投票世代」の様子は、今からでもツイッターなどで眺めることがでる。

あなたも新しいスタイルでギャンブルを楽しんでみてはいかがだろうか。

取材・文/佐藤永記

日刊SPA!

最終更新:6/24(土) 16:00
週刊SPA!

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊SPA!

扶桑社

2017年8月15・22日合併号
08月08日発売

¥440

・[東京VS地方]貧困のリアル
・[情弱ビジネス]騙しの最新手口11連発
・[神戸5人殺傷事件]報道できない裏側
・猛暑の[悪臭スポット]を測定してみた