ここから本文です

からすみは最高の酒のお供メニュー!今こそ食べたいからすみグルメ6選

6/24(土) 5:20配信

東京カレンダー

日本の三大珍味として人気の高級食材“からすみ”。

ねっとりとした舌触りや絶妙な塩加減は、酒のつまみとしてチビチビつまむはもちろん、パスタなど様々な料理で楽しみたい!

【この記事の全ての写真】

『La Baia』の「カラスミのスパゲッティ」

銀座一丁目駅にほど近い、昭和通り沿いに去年10月にオープン。

店内に入るとまず見えるのは、氷が敷き詰められたショーケースと生け簀。シーフード専門イタリアン『La Baia』のメニュー選びはここから始まる。

各地から届く鮮魚は、オーブン焼き、アクアパッツァ、マルケ風煮込み、ズッパディペッシェなどから、お好みの調理法を相談して選ぶことができるという自由度の高さも嬉しいところ。

島国であるサルデーニャに特化し、代表的なメニューから、現地のお母さんに教えてもらったレシピまで再現する。

なかでも目の前で惜し気もなくふりかけられるカラスミに、思わず「そんなにいいの?」と釘付けになる「カラスミのスパゲッティ」は必食。現地から直接買い付けることで、熟成の進んだ上質なカラスミを贅沢に使用できるという。

豊富にラインアップするサルデーニャ産のワインを、迫力満点の料理に合わせてガブガブ飲みたくなる。

『くずし鉄板あばぐら』の「からすみ蓮根」

『くずし鉄板あばぐら』は、鉄板でもなく割烹でもない、「くずし鉄板」という新しいスタイルで鉄板焼きのイメージを覆したレストラン。

“1つの作品に1つの個性”をテーマに、厳選された旬の食材を使い、常識にとらわれない斬新な料理を目指している。人気のコースは、5,000円でうに、いくら、トリュフなど高級食材が盛り込まれているとあって、連日大人気だ。

その中の逸品、コースの中盤に登場するのが「からすみ蓮根」。シャキシャキ食感の蓮根に、たっぷりのカラスミ。シンプルだけど、これが最高に酒に合う!日本酒に合わせてちびちびとつまみたい、最高のおつまみだ。

心地よい高級感がありながらも、驚くほどリーズナブルに絶品料理が楽しめるこの店で、「くずし鉄板」という新しい神田の“粋な場”を楽しんでみてはいかがだろうか。

1/3ページ

最終更新:6/24(土) 5:20
東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)