ここから本文です

『キング・アーサー』で注目を浴びる ウェールズを石器人がご案内?

6/24(土) 12:01配信

CREA WEB

「スラムのガキから王になれ!」というキャッチフレーズを引っさげ、2017年6月17日から日本公開が始まった映画が『キング・アーサー』。ガイ・リッチーが監督を務め、聖剣エクスカリバーを振り回してのアーサーの大立回りに、巨大なゾウやらヘビやらまで現れる、スピードもスケールも備えただ作品だ。

 そのロケの舞台となった、荘厳で特異な自然と伝説に彩られたウェールズの旅を、前後篇に分けてお届けする。今回は後篇。

壮大な風景を愛でた後は異界的な雰囲気のホテルへ

 英国は、本来、イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドという4つの地域(カントリー)の連合王国。ウェールズはグレートブリテン島の南西部にあたり、古代、ケルト系ブリトン人が住んでいたエリアだ。今でもケルト系言語のウェールズ語が英語と並んで公用語であり、道路標識などは2言語で表示されていて、独自の文化に対する誇りを持っている。

 アーサー王は、ブリトン人の君主としてサクソン人を撃退した伝説の人物である。

 アーサー王を描いた映画『キング・アーサー』のロケ地、ウェールズのスノードニア地方は、歴史的な背景もさることながら、手つかずの荒々しい大地がアーサーの活躍する場にふさわしい。1085メートルのスノードニア山と峡谷は、荘厳な雰囲気に包まれている。

 処刑寸前のアーサーが逃げ、絶壁から飛び込む場面が撮影されたのは「ビビアン・クオリー」というスレートの元採石場。ここでのロケでは、高さ25メートル近くの絶壁から深さ約60メートルの池に飛び込んだという。

 そんな壮大なロケ地の風景を楽しみながら、到着したのが入り江に面した「ポートメリオン・ビレッジ」。

 ここは建築家のバートラム・クラフ・ウィリアム=エリス卿が私財を投じて全体を設計した村。カラフルな地中海風の建物が並び、人魚などのモチーフがあちこちにあってどこか不思議な雰囲気を持っている。

 1960年代にカルト的な人気を誇った英国のテレビドラマ「プリズナーNo.6」のロケ地で、同作では、脱出できない村という設定だった。村には、全室が異なるインテリアのホテルもあり、その独特の世界観を楽しめる。

Portmeirion Village
(ポートメリオン・ビレッジ)
所在地 Minffordd, Penrhyndeudraeth Gwynedd LL48 6ER
電話番号 01766-770000
http://www.portmeirion-village.com/

1/2ページ

最終更新:6/24(土) 12:01
CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2018年1月号
12月7日発売

特別定価800円(税込)

ふたり一緒にあれもこれも
楽しいデートしよう!

東方神起 スペシャルインタビュー&ポストカード
東京・肉レストランガイド