ここから本文です

巨人・長嶋茂雄がサヨナラ弾で決めたプロ野球史上唯一の天覧試合【1959年6月25日】

6/25(日) 11:10配信

週刊ベースボールONLINE

 プロ野球の歴史の中で、日付にこだわって「その日に何があったのか」紹介していく。今回は6月25日だ。

 この日、プロ野球の歴史にとって忘れ得ぬ試合があった。1959年6月25日、プロ野球史上唯一の“天覧試合”だ。

 昭和天皇、皇后両陛下を迎えて行われた巨人―阪神戦(後楽園)。試合は序盤、巨人・藤田元司、阪神・小山正明両エースの投手戦となったが、中盤からは一転、ホームランが飛び交う。

 まず、0対1とリードされて迎えた5回裏、巨人が長嶋茂雄、坂崎一彦の連続本塁打で2点を奪い逆転すれば、6回表、阪神も三宅秀史のタイムリーと藤本勝巳の2ランで逆転し、2点リード。それでも巨人は7回裏に新人・王貞治が2ラン本塁打を放って同点に追いついた。

 ここで阪神は小山をあきらめ、新人・村山実を投入。以後を抑え、4対4のまま迎えた9回裏、巨人の攻撃だった。先頭打者の長嶋が左翼ポール際にサヨナラ本塁打を放ち、巨人の勝利。村山は98年に亡くなるまで「あれは絶対ファウルや」と言い続けた。王と長嶋が1試合でともに本塁打を放ったのは初めてで、通算106度を数えた“ONアベック本塁打”の第1号でもある。

 まだまだ、一般には“興行的”扱いをされていたプロ野球が市民権を得て、国民的スポーツに発展するターニングポイントとなった試合でもあった。

写真=BBM

週刊ベースボール

記事提供社からのご案内(外部サイト)

カープ&ホークス ペナント制覇!
広島・ソフトバンクの歓喜の優勝シーン
祝勝会&優勝会見再録