ここから本文です

恋愛がうまくいかないのは「アスペルガー」だからかもしれない

6/25(日) 18:00配信

BEST TIMES

あなたの恋愛がうまくいかないのはアスペルガーが原因かも知れません。「隠れアスペルガー」は、日本人の40~50人に1人くらいいると推計されています。『隠れアスペルガーでもできる幸せな恋愛』著・吉濱ツトム氏が語るアスペルガーが恋愛に大きく邪魔をするワケ。

恋愛トラブルの原因はアスペルガー? 

 僕は、個人セッションという形で発達障害の相談を受けています。日常生活や仕事に関する相談が多いのですが、お年頃の方からは、恋愛についてもよく相談を受けます。

 来談者の中には、恋愛が怖すぎて相手を探すことすら諦めている人や、異性どころか同性とも雑談できない人がザラにいます。生活力のないヒモのような男とばかり付き合ってしまう人、恋愛トラブルで何回も警察沙汰になったことのある人、ワンナイトラブを繰り返す人だって珍しくありません。

 たくさんの相談を受けているうちに、共通したパターンというものが見えてきました。どのパターンもアスペルガーとしての症状が原因となっています。アスペルガーが原因で恋愛がうまくいかないという人は、実はとても多いのです。

 アスペルガーという言葉は、最近さまざまなメディアで取り上げられるようになったので、なんとなくイメージできる人は多いでしょう。「空気が読めない」「人の気持ちがわからない」「興味のあることだけに異常に熱中する」……これは、アスペルガーの特徴の一部に過ぎませんが、これらの特徴が恋愛を大きく邪魔しているのです。

恋愛の悩みの本質はアスペルガー的要素にあるかも

 もちろん、アスペルガーであれば普段の人間関係にも支障は出るのですが、仕事や趣味で人と交流する場合は目的や共通の話題があるものです。しかし、恋愛において人と会うときは、そういう「お約束」がありません。

 目的もなく共通の話題もないのに、数時間も他人とおしゃべりや食事で時間をつぶすというのは、アスペルガー人にとって大変な苦行です。アスペルガーの中には、人と会っても全く会話ができない人もいれば、人と会うことじたいを怖がってしまう人もいます。なんとかお付き合いするところまで進んだとしても、長続きしなかったり、ケンカが絶えなかったりしてしまいます。

 とはいえ、世の中の恋愛に悩む人たちを見ていると、アスペルガーの人と定型発達の人(発達障害ではない人)と、悩んでいることの本質は、あまり変わらないように感じます。「恋愛で傷つくのが怖い」「好きな人の前では緊張してしまう」「相手が何を考えているのかわからない」……誰でもこんな悩みを持ったことは一度や二度ではありませんよね。

 詳しくはのちほど解説していきますが、アスペルガーの特徴は、多かれ少なか誰だって持っているものです。その度合いが極端だったり、頻度が高かったりするのがアスペルガー。後の記事で紹介しますが、『あなたにも当てはまる? アスペルガーのうまくいかない恋愛4パターン』でも「私にも思い当たる節がある」「知り合いにああいう人がいる」と思った人は多いでしょう。

 逆に言うと、ああいった恋愛の悩みをずっと抱え続けている人は、アスペルガー的な要素が強いということです。
 そう、あなたやあなたの友達がいつも恋愛で苦しんでいるのは、アスペルガーが原因かもしれないのです。

〈『隠れアスペルガーでもできる幸せな恋愛』より構成〉

文/吉濱 ツトム

記事提供社からのご案内(外部サイト)

出版社ベストセラーズの編集者が作る「感情を揺さぶる」情報マガジン「BEST TIMESベストタイムズ」。