ここから本文です

“プラトニック不倫”の未来「50歳になったら結婚しよう」――美央の場合〈下〉

6/25(日) 21:00配信

週刊女性PRIME

 世の中は不倫ブーム真っ盛り。しかし、実際に不倫している一人一人の女性に目を向けたとき、その背後には、様々な難題がおしかかってくる一方で、何の解決策も見つからないこの社会を生きる苦しみがあり、不倫という享楽に一種の救いを求める心理があるような気がしてならない。この連載では、そんな『救いとしての不倫』にスポットを当てていけたらと思っている。

(ノンフィクション・ライター 菅野久美子) 今回紹介するのは、都内の広告代理店に勤める独身女性、鈴木美央(仮名・33歳)だ。彼女は、同い年の妻子持ちの園田翔太(仮名・33歳)と現在不倫関係にある。

<前編はこちら>

真っ暗な部屋の中で、「もう限界……」と崩れ落ちた

 美央と翔太が急接近していた頃、美央は、会社でさらに追い込まれていた。

 会社の飲み会は、必ず誰かの悪口大会になる。飲み会に行かないと自分がその標的になることを美央は知っていた。

 毎日、夜中まで働き、その先に待っているのはパワハラ上司との飲み会――。美央の精神はもはや崩壊しかかっていた。断っておくが、美央は決して仕事ができないわけではない。

「上司に“何をやってもダメ”って言われる。だから予定していたスケジュールより押すんですが、それを全然考慮してもらえないから、夜中まで働かなくちゃいけなくて、体力的にも精神的にも追い詰められてましたね。みんなの前で立たされて、押していてすみませんと言わされる。

 でも一番嫌だったのは、飲み会でのセクハラ。私のスカートが短いという話になって、“おれ、見たことないなぁ~”ってパワハラ上司がスカートをペロッとめくったんです。こんな人いるの? と思って頭が一瞬パニックになりました。目の前で起こったことが信じられなくて。それでも、忘れよう忘れようと思って、飲み会では最後まで笑顔を作り続けてました」

 深酒とセクハラと連日の残業による疲労でボロボロの身体を引きずって、田園都市線沿線にある自宅マンションに這うようにして帰り着いた。

 頭痛と吐き気に耐えながらマンションの鍵を開け、部屋の電気をつけようとスイッチを押したがつかない! 

 仕事に忙殺される日々で、電気代の支払いを忘れていたため、なんと電気を止められていたのである。

「あの時は、“やばぁぁぁぁい。電気、つかないよぉぉぉーーー!”って一人で叫んでました。もう、死にたい……って思いましたね」

 美央は、その場に崩れ落ちた。そして、堰(せき)を切ったように両の頬から涙が溢れ返った。拭っても拭っても涙がとめどなく流れた。美央の中で、溜まりに溜まった感情が一気に弾けた瞬間でもあった。

 パワハラ上司の陰湿で執拗(しつよう)ないじめ、毎日のように繰り返されるセクハラ、奴隷のように扱うことを屁とも思わないブラック企業のやり口、美央はそれでも、職場では明るく振る舞おうと笑顔で乗り越えてきた。でも、あたしだっていつも明るくヘラヘラしてるわけじゃない……。

「もう限界……」と思った、その時。

1/4ページ

最終更新:6/27(火) 13:42
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」10月3日号
/ 毎週火曜日発売

定価390円(税込)