ここから本文です

中居正広、ジャニーズ残留 そこにある「SMAP再結成への希望」よりも大きな意味

6/25(日) 6:00配信

オトナンサー

 稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんが9月でジャニーズ事務所を退所することが明らかになって以降、さまざまな報道が飛び交っています。

「現在の出演番組はどうなるのか」「中国進出か」「早々に共演が見られるかも」など3人に関する記事が報じられる中、ファンの大きな注目を集めているのが、同事務所残留を決めた中居正広さんの記事。「退所する3人を守るため」「お世話になった事務所に恩を返してから退所」「SMAP再結成への希望」などと報じられていますが、どれも近々に影響を及ぼすものではありません。

 中居さんがこのタイミングで退所しなかったことによる影響は、もっと身近なところにあり、それによって“ある人々”が恩恵を受けることになりそうです。

後輩のアイドルMCが育っていない

 中居さんの活動フィールドは、そのほとんどがテレビのバラエティー番組。「中居正広のミになる図書館」(テレビ朝日系)「ザ!世界仰天ニュース」(日本テレビ系)「ナカイの窓」(日本テレビ系)「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)「Momm!!」(TBS系)のほか、多くの大型特番でMCを務めています。

 今や“国民的MC”とも言える存在になった中居さんですが、その後に続くアイドルMCはあまり育っていません。「あさイチ」(NHK)の井ノ原快彦さん、「白熱ライブ ビビット」(TBS系)の国分太一さん、「週刊ニュースリーダー」(テレビ朝日系)の城島茂さん、「サタデープラス」(TBS系)の丸山隆平さんなど、アイドルがMCを務める番組は大半が朝の情報番組であり、ゴールデンタイムのバラエティー番組ではないのです。

 この春から中丸雄一さんがバラエティー番組「世界ルーツ探検隊」(テレビ朝日系)のMCを務めるなど「中堅のアイドルMCを育てよう」という動きが見られますが、これは裏を返せば、「育っていない」という危機感の表れ。各局のスタッフや構成作家に話を聞くと「現時点で、ゴールデンタイムのバラエティー番組でMCを務めるスキルがありそうなのは井ノ原快彦さん、二宮和也さん、村上信五さんくらい」とのこと。しかし、その3人ですら、ごく一部の番組でMCを務めるのみというのが現状なのです。

 つまり、中居さんがアイドルMCのトップとしてジャニーズ事務所全体を引っ張っているため、「まだ後輩が育っていない段階で抜けると、アイドルMCというポジションそのものが衰退してしまう危険性がある」のです。そうしたリスクを回避するという意味で、今回の残留は大きいと言えるでしょう。

1/2ページ

最終更新:6/25(日) 15:56
オトナンサー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

オトナンサー

株式会社メディア・ヴァーグ

日々報じられるニュースの中から気になる話題をピックアップし、掘り下げた記事や、暮らしに役立つ基礎知識などをお届けします。