ここから本文です

テネリフェ柴崎の鮮烈アシストを地元紙評価 昇格PO4試合の全3ゴールに絡む

6/25(日) 7:34配信

Football ZONE web

2009-10シーズン以来の1部昇格逃すも、柴崎が輝きを放つ

 テネリフェMF柴崎岳は現地時間24日に行われたリーガ・エスパニョーラ1部昇格プレーオフ決勝、ヘタフェとの第2戦で1アシストを記録したものの、チームは1-3で敗戦。2戦合計2-3となり、2009-10シーズン以来の1部復帰はならなかった。地元紙「デポルプレス」の寸評ではアシストについて触れつつも、チームの劣勢のなかで生きなかったと記されている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 柴崎は準決勝2試合210分間フル出場、決勝第1戦も試合終盤までプレー。中2日が連続する過密日程のなかでも、ホセ・ルイス・マルティ監督は先発で送り出した。しかし試合は開始12分でヘタフェに2得点を許す苦しい展開となった。

 その嫌なムードを振り払ったのは柴崎だった。同17分、相手クリアボールを拾ったMFアイトール・サンスからの展開で、左サイドでボールを受けた柴崎が、ゴール前に鋭いラストパスを供給。これをFWロサーノがスライディングで合わせると、相手GKのニアサイドを打ち破る、貴重なアウェーゴールとなった。

 しかしチームは同37分、再びヘタフェにゴールを奪われてしまう。左サイドを突破されると、MFポルティージョのシュートはGKダニ・エルナンデスがセーブしたものの、こぼれ球をパチェコに詰められて再びリードを許した。

 テネリフェのホセ・ルイス・マルティ監督は後半5分、疲労を考慮したのか、指揮官は柴崎交代の決断を下した。この後攻撃に厚みが生まれず、スコアを動かすことができずに試合は終わった。同紙の寸評では、柴崎について次のように触れられている。

昇格を懸けた4試合で1得点2アシスト

「彼がロサーノへのアシストを決めたことにより、ブランキアズール(白と青/テネリフェの愛称)は何分間かにわたって1部昇格の状況を手に取り戻していた。しかしチーム全体がボールをポゼッションできなかったため、敗北を喫した」

 アシストシーン以外で柴崎が目立てなかったのは、チーム全体が敵地で劣勢を強いられたためとしている。それでも柴崎は、昇格プレーオフでは準決勝と決勝の4試合でテネリフェが挙げた3ゴール全てに絡む活躍を見せた。半年間の契約となっているが、テネリフェの人々に強いインパクトを残したのは間違いない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:6/25(日) 7:34
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新