ここから本文です

猫に指を差し出すと「鼻チュー」してくるのはなぜ?

6/25(日) 9:10配信

@DIME

猫って、人差し指を顔に近づけると、その人差し指に寄ってきて匂いを嗅いだり鼻をくっつけてきたりするもの。また、人に対してだけでなく、猫同士も鼻と鼻をくっつけて鼻チューしている姿を見かけたりしますよね。これって、どういう感情の表れなのか、調べてみました。

鼻をくっつけるのは猫流のあいさつ!

指を差し出すと、指先に鼻をくっつけてくるのは猫の挨拶なのだそうです。猫同士で鼻をくっつけあうのもあいさつで、お互い敵意がないことを確認しているのだそう。

あなたが指を出したときに、匂いを嗅いでそのあと鼻をこすりつけてくるなら、それは、その猫があなたのことを警戒していないという証。逆に猫パンチをしてきたり、逃げ出してしまったりするようなら、まだあなたのことを警戒しているということになります。

猫同士のあいさつは、鼻同士をこすり付けあっているように見えますが、実は相手の猫の口の周りの匂いを嗅ぎ合っているのだそう。口の周りの臭腺から出てくる匂いや、食べ物の匂い、噛んだものの匂いから情報を嗅ぎ取っているのだそうです。

口の周りが自分と同じ匂いがする猫は、食べるものや触れるものが一緒だから家族、もしくは仲間だと認識して安心するそう。

なぜ、この鼻チューが猫にとって重要なのかというと、猫は視力よりも嗅覚に優れた動物だから。たいていのものは、匂いで判断するといわれています。口周りの匂いは猫にとっては個人情報なんですね。鼻チューのあとは、お尻の匂いを嗅ぎ合って挨拶を続けることもあるそうです。

猫と仲良くなりたいならまずは鼻チューから

友人宅の猫など、初めましての猫と遭遇したとき、いきなり体を触ろうとせずに、人差し指を猫の鼻先に出して匂いを嗅がせてまず挨拶をすると、スムーズに仲良くなれる確率が高くなるそうです。

手を開いたままにしたり、上から指をかざしたりすると「たたかれるんじゃないか」とおびえる猫もいるので、なるべく猫より低い位置から指を出すのがテクニックです。人差し指に慣れてきたら、猫が撫でてほしい部分を優しく撫でてコミュニケーションを深めていくのがポイントだそうです。

鼻チューテクを習得すれば、様々な猫ちゃんと仲良くなれる確率が高くなります。ぜひ、鼻チューテクで猫ちゃんとの親睦を深めましょう。

文/佐藤玲美

@DIME編集部

最終更新:6/25(日) 9:10
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年12月号
10月16日発売

定価600円

Amazonを使い倒す超賢ワザ
『iPhone X』を買うべき10の理由
開発の裏側も見せます!無印良品の家電学

Yahoo!ニュースからのお知らせ