ここから本文です

あの頃これが欲しかった!ファッションラジカセの先駆け、サンヨーの『おしゃれなテレコU4/WU4』

6/25(日) 10:10配信

@DIME

現代の様にインターネットが普及していなかった時代。

家庭の娯楽の中心は、ラジオ、そしてテレビでした。

【写真】あの頃これが欲しかった!ファッションラジカセの先駆け、サンヨーの『おしゃれなテレコU4/WU4』

当初はとても大きなサイズだったこれらの機器も、時代が進むにつれ、小型軽量化が図られるようになってきて、ポータブルで持ち歩く事も不可能では無くなりました。

次に、音声の録音再生が可能な、「テープレコーダー」が登場します。

そして、カセットテープレコーダーにラジオを内蔵した機器である、通称「ラジカセ」が発売される事となるのです。

当初のラジカセは、モノラル(おおむね単一のスピーカーから単一の音声を出力する方式)タイプが主流でしたが、その後時代が経つにつれ、ステレオ(左右のスピーカーで音声を出力する方式)タイプのラジカセも出回る様になってきました。

また、大型スピーカーを搭載し、低音再生を重視する機種や、高音質、高機能化を求める機種など様々な機種が次々と開発、発売され、鎬(しのぎ)を削りました。

各メーカーが、様々なトライアンド・エラーを繰り返す事で、段々と姿形状が直方体となり、本体の真ん中にカセットテープレコーダーがデンと配置され、左右に大型のスピーカーを備えている、今でも見掛ける、一般的にイメージされるラジカセのデザインに統一されていったのです。

…その結果、当時のラジカセのサイズはどんどん重厚長大(じゅうこうちょうだい:工業製品が重くて厚くて長くて大きい事)で無骨な物となっていきました。

しかし、世の中、大型ラジカセが好きな人ばかりではありません。

「もっと小型軽量で、オシャレなラジカセが欲しい!」という要望も必然的に出てきました。

そんな中、ついにそれらの要求に答えた、革新的なラジカセが登場したのです。

それが1979年に登場した…。ファッションラジカセの先駆け!『サンヨーおしゃれなテレコU4』♪なのです!

『サンヨーおしゃれなテレコU4』がユニークなのは、そのスマートなデザインとキャッチフレーズ。

それまでのラジカセが本体の色は黒色か銀色が殆どだった時代に、とてもカラフルな真っ赤な色の筐体を用意。特徴的な横長のフォルム、かつ、お手軽で持ち運びやすいサイズ、そしてU4さながらのダックスフンドのキャラクターイラストが非常に特徴的でした。

そして特筆すべきは「サンヨーおしゃれなテレコU4」という、そのキャッチフレーズ。

商品名と「おしゃれ」の文言を前面に出して宣伝する手法はとても斬新でした。その結果、U4は大ヒットする事になったのです。

その後、ダブルカセットデッキを搭載した「MR-WU4」「MR-WU4A」が発売され、こちらも好評を博しました。

…本商品のヒットにより、他社からも様々な「ファッションラジカセ(ファッション性の高いラジカセ)」が登場する事になりました。

例えばナショナル(現:Panasonic)の「ラブコール」。

凄いですね。カセットテープレコーダーの部分が三基あります。

やはり、U4のインパクトが大きかったのか、他社の製品もボディカラーに赤色を提供しているのが興味深いですね!

子供の頃の友人は、こういったファッションラジカセを持っていた人が殆どだったのですが、筆者は昔から自他共に認める「スペック厨」。当時のラジカセは重低音と高音質、サラウンド機能を網羅した機種はあまり無く、もし有ったとしてもとても高額だった為、親にラジカセを買って貰える時にどの機能を重視しようか悩んだ記憶があります。

その後歳をとって、パソコンや電子工作をする気力も体力も膀胱排尿筋も衰えた現在では、もし今後またラジカセを買う機会が有るのであれば、こういったファッションラジカセも悪くないかなー、と思い始めています。スマホもAndroidからiPhoneに変えましたしね。関係ないか。

ファッションラジカセの先駆け!『サンヨーおしゃれなテレコU4 MR-WU4』。
コンパクトでオシャレでスタイリッシュなデザインのラジカセとして代表的な機種として今でも燦然と輝いているのです…。

※記事中の情報は、記事執筆調査時点のものとなります。
※本記事は、あくまでも筆者の微かな記憶と主観に基づき、飛躍した適当な表現によるエッセイであり、特定メーカーや機種等を貶める意図はございません。
※本記事に登場する、漫画のキャラクターはフィクションです。

文/FURU

@DIME編集部

最終更新:6/25(日) 10:10
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年11月号
9月16日発売

定価600円

RIZAPの真実。
2018年最新手帳 格付けレビュー
スーパー中学生のつくりかた