ここから本文です

土屋太鳳ミュージカル挑戦に「本領発揮か」と注目集まる理由

6/25(日) 15:52配信

女性自身

女優の土屋太鳳(22)が、俳優の森山未来(32)主演の舞台「プルートゥ PLUTO」(来年1月7~28日、東京・渋谷シアターコクーン)で舞台に初挑戦する。

漫画家・手塚治虫さんの代表作「鉄腕アトム」の「地上最大のロボット」を原案に、漫画家・浦沢直樹氏(57)とストーリー共同制作者・長崎尚志氏(61)が作った人気漫画。それを今回、舞台化するという。

人間とロボットが共存する時代、世界最強といわれるロボットが次々と破壊される事件。その解決に挑むアトムや刑事ロボットのゲジヒトらの姿を描く。同作で土屋は、森山演じるアトムの妹・ウランとゲジヒトの妻・ヘレナの2役に挑戦する。

「今月30日に公開の『兄に愛されすぎて困ってます』など、制服姿のかわいらしい女子高生を演じることが多かった土屋。これまでは映画・ドラマが主戦場だったが、女優としてさらにステップアップするために舞台挑戦を決意。所属事務所も絶好の機会とばかりにオファーを受けたようです」(演劇関係者)

国内のみならず、同舞台は2月に英国、オランダ、ベルギーのヨーロッパ公演を予定。 舞台初挑戦にしていきなり世界デビューを飾ることになったが、いよいよ土屋の“本気”が出せそうだというのだ。

「高校時代は創作ダンス部で全国大会に出場。日本女子体育大学でも続け、さらに磨きをかけた。しかし、これまであまり創作ダンスで培ったものは芝居に生かせず。そんな中、豪の歌手・シーア(41)の楽曲『アライヴ』の日本版ミュージックビデオに出演し、創作ダンスの実力を存分に発揮。その動画は海外のユーチューバーの間でも話題になった。本領発揮でチャンスをつかめば、今後海外に活動の幅が広がる可能性もありそうだ」(音楽業界関係者)

土屋にとって、初舞台が今後の女優人生を大きく左右する正念場となりそうだ。

最終更新:6/25(日) 15:52
女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2791号・9月19日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

堤真一 大河主演辞退報道の陰で…第2子誕生!
中村七之助 恋人と極秘婚前旅行での急接近ぶり
有村架純 ひよっこ打ち上げ“3つのサプライズ