ここから本文です

広州恒大MF、バルサからのオファー認める。中国から欧州強豪へ移籍も?

6/25(日) 14:26配信

フットボールチャンネル

 中国スーパーリーグ(CSL)の広州恒大に所属するブラジル代表MFパウリーニョは、スペインの強豪バルセロナからのオファーを受けていることを認めた。ブラジル『グローボエスポルチ』の24日付インタビューに話している。

【動画】やはり危険な技だった! キャプ翼必殺シュート挑戦

 パウリーニョはプレミアリーグのトッテナムでプレーしたあと2015年に広州恒大へ移籍。CSLやAFCチャンピオンズリーグ(ACL)などのタイトル獲得に貢献して評価を高め、再び欧州のビッグクラブから注目を集める存在となってきた。

 バルサがパウリーニョの獲得に関心を抱いていることは以前から噂されてきたが、それが事実だと認めている。「代理人に連絡があった。オファーがあるのは事実で、双方が話をしているところだ。バルセロナのような偉大なクラブが関心を持ってくれるのは本当に誇らしいことだ」とパウリーニョは語った。

 だが、必ずしもオファーに応じるとは限らないようだ。「今の自分の生活やキャリアに本当に満足している。こういう状況で決断を下すのは難しい。様々なことを考慮に入れなければならない」とパウリーニョは迷う様子を見せている。

 広州恒大のルイス・フェリペ・スコラーリ監督が話していたところによれば、パウリーニョには4000万ユーロ(約49億8000万円)の契約解除金が設定されているとのこと。中国で新たに設けられた制限により大物新外国人獲得が難しくなることもあり、クラブはパウリーニョ放出を望んではいないようだ。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)