ここから本文です

モウがマンUに“史上最高額補強”を要請か。そのターゲットはCロナではなく…

6/25(日) 20:01配信

フットボールチャンネル

 マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインの獲得に動くようにクラブに要請しているという。24日付の英紙『ミラー』が伝えている。

昨夏ユベントスからマンUに移籍したポグバが1位に。その移籍金は… 移籍金歴代トップ10

 ユナイテッドはここのところ、レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを再獲得するのではないかとして騒がれてきた。スペインでの脱税疑惑に不満を抱いたC・ロナウドが移籍を決意したとして、古巣であるユナイテッドやパリ・サンジェルマンなどへの移籍の可能性が取りざたされた。

 だがモウリーニョ監督は、マドリーでともに仕事をしていたC・ロナウドとの再会に乗り気ではないという見方も伝えられていた。C・ロナウドは結局マドリーへの残留に傾きつつあるともみられ、ユナイテッド復帰の噂は沈静化しつつある。

 だがモウリーニョ監督はクラブに対し、C・ロナウドの移籍金として噂された金額と同等の1億ポンド(約142億円)クラスの大型補強を要求しているという。実現すればサッカー界の史上最高額を更新することになる取引のターゲットとみられているのは、トッテナムの若きエースであるケインだ。

 ケインはトッテナムで3年連続プレミアリーグ20得点以上とゴールを量産し、2016/17シーズンには自己最多の29得点で2年連続の得点王も獲得。マドリーからの獲得が噂されるスペイン代表FWアルバロ・モラタと合わせ、モウリーニョ監督は前線に2人の強力ストライカーを加えることを望んでいるようだ。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)