ここから本文です

ドイツ移籍の鎌田大地、最終戦で先制アシスト! 鳥栖が浦和を下す

6/25(日) 21:08配信

フットボールチャンネル

【サガン鳥栖 2-1 浦和レッズ J1 第16節】

 明治安田生命J1リーグの第16節が25日に開催され、サガン鳥栖が浦和レッズと対戦した。

2017年J1在籍選手、通算得点トップ10。1位と2位は同一クラブのFWがランクイン

 鳥栖は24日に、20歳のMF鎌田大地がドイツ・ブンデスリーガのフランクフルトへ完全移籍することが合意に達したと発表した。この試合が移籍前のラストマッチとなる鎌田は今季開幕から16試合連続となる先発での出場を果たした。

 20分にはその鎌田にお別れゴールのチャンスが訪れたが決められず。前線でボールを受けた鎌田は巧みなフェイントで左足から右足へ持ち替えたが、シュートは浦和守備陣にブロックされる結果に終わった。

 その他にもイバルボがフリーで抜け出して無人のゴールに迫った場面や、CKに合わせた槙野のヘディングが枠を捉えた場面など、両チームに決定的なチャンスはあったがゴールは決まらない。前半はそのまま0-0で折り返した。

 だが後半になりセットプレーから何度かチャンスを生み出していた鎌田は、65分に鳥栖の先制点をお膳立てする。右サイドのCKから鎌田が上げたボールに、小野が倒れ込みながらのヘディングで飛び込んで先制点を奪った。

 1点リードのまま終盤を迎えた鳥栖は90分、追加点を奪って勝利を引き寄せる。浦和のバックパスを田川が奪い、ボールを受けた福田がゴール前に抜け出すと、プロ初ゴールを冷静に流し込んでリードを2点に広げた。

 浦和はアディショナルタイムに李忠成が自ら獲得したPKを決めて1点を返したが、反撃もそこまで。鳥栖が2-1で浦和を下して鎌田の国内最終戦を飾った。

【得点者】
65分 1-0 小野裕二(鳥栖)
90分 2-0 福田晃斗(鳥栖)
90+5分 2-1 李忠成(浦和)

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ