ここから本文です

アーセナル、新エース獲得は難航? 強気のリヨンは80億円超要求か

6/25(日) 23:00配信

フットボールチャンネル

 アーセナルはリヨンのFWアレクサンドル・ラカゼットの獲得を狙っている。しかし、リヨンのジャン=ミシェル・オラス会長は安値で手放すつもりはないと警告している。仏紙『レキップ』が伝えた。

 アーセナルはこの夏の目玉補強として、フランス代表のラカゼット獲得を画策している。しかし、リヨンとしてはアトレティコ・マドリーと同等の条件がなければ手放さないつもりだ。

 アトレティコは今夏、ラカゼットを獲得する予定だったが、FIFAから補強禁止の処分を受けており、新しい選手を登録することはできない。だが、オラス会長によれば、アトレティコの処分が明ける来年1月でもこの取引は可能なようだ。

 同会長は「アレクサンドルをすぐに譲るつもりはない。1月1日にはアトレティコ・マドリーが待っているのだからね」と述べた。

 具体的な条件については「アトレティコが5300万ユーロ+ボーナス1200万ユーロ、つまり6500万ユーロ(約81億2500万円)のオファーだということはみんな知っていることだ」

 アーセナルはクラブ史上最高額となる4400万ポンド(約62億円)を用意していることが報じられているが、リヨンとの交渉は簡単ではなさそうだ。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)