ここから本文です

キモくてもかわいいです!飼うと愛着がわく生き物観察系アプリ

6/25(日) 8:50配信

週刊SPA!

◆ゲームコラムニスト・卯月鮎の絶対夢中★ゲーム&アプリ週報

 小学生のころ、夏休みの宿題で観察日記を書いた人も多いと思います。アサガオなどの植物が定番でしたが、裏山で捕まえたカブトムシや縁日ですくった金魚、川で釣ったザリガニなどを観察していた同級生もいました。私はというと、スジグロチョウを幼虫から飼って無事羽化させたのを覚えています。

⇒【画像】プレイ画面

 今回は、そんな子どものころの思い出が蘇る生き物観察系アプリ2本を紹介します。スマホが虫かごや水槽代わりなので、世話がワンタッチですむのがいいところ。ただし、どちらも少しだけキモくて、もしかしたら人を選ぶかもしれません。でも、パッと見「気持ち悪い!」と思っても、なんだかんだ毎日観察しているうちに愛着が湧いてくるものです。

『アリの巣コロニー』

iOS、Android/バイバイ/基本プレイ無料

 まず1本目は『アリの巣コロニー』。その名のとおり、土の中で深く大きくなっていくアリの巣を観察するアプリです。スタート時は24匹の働きアリしかいませんが、卵がかえると徐々にアリの数も増えていきます。アリたちがモゾモゾと巣の中を這い回る様子を見たときは背筋がゾワッとしましたが(笑)、餌を一生懸命に運ぶ姿にいつしか「頑張れ!」と応援していました。

 プレイヤーができることは、遠征するアリの数を決めて餌を獲って帰ってくるのを待つだけ。リンゴの種、トウモロコシ、ブルーベリー、ハサミムシの卵などの餌が巣に貯まるとアリの卵に変化し、やがてふ化します。時にはカメムシやゴマシジミの幼虫など、外敵が攻めてくることも! こうした敵は巣にいるアリたちで撃退しなくてはなりません。

 ゲームを進めると巣はビックリするくらい深くなっていきます。巣はプレイヤーごとにそれぞれ異なる形に発展していくとのことなので、“ゲームをプレイ”する感覚よりはまさに巣の成長を眺めて楽しむアプリですね。

『新オヤジリウム』

iOS、Android/Hitorixon/基本プレイ無料

 もう1本は『新オヤジリウム』です。体は妖精のようにキュートなのに、なぜか顔だけリアルなオヤジという、キモかわいい生物を飼うアプリです。アクアリウムにはバラエティ豊かな設備や装飾が配置でき、オヤジもさまざまな種類が登場。赤おやじ、ゾンビおやじ、キリンおやじ、さんまオヤジ……その総数は60種類以上! 小さなオヤジが水槽のなかで、ちょこまか動いたり、棒に登って遊んだり、「オヤージ」と鳴いたりしている光景はシュールそのもの。

 さらにオヤジ同士がラブラブになりカップルが成立すると、卵が産まれて新しいオヤジが誕生します。こうしてアクアリウムはどんどんとにぎやかに! 群れで行動するオヤジ、みんなが寝静まった頃にウロウロする夜行性オヤジ、アクアリウムの端っこでひとりでたそがれるオヤジ……とボーッと見ているだけで飽きません。

 オヤジには年齢のほかに「満腹度」「健康度」「幸福度」の3種類のパラメータがあり、これらを高く保てる環境を作るのがプレイヤーの基本的な役割。餌やりとアクアリウム設備の充実を図って、オヤジたちが元気にのびのびと過ごせるようにしましょう。本編とはあまり関係ないですが、オヤジを1匹選んで徒競走に参加させるミニゲーム「オヤジダービー」も遊べます。こちらもついハマってしまいますよ。

【卯月鮎】

ゲーム雑誌・アニメ雑誌の編集を経て独立。ゲームの紹介やコラム、書評を中心にフリーで活動している。著作には『はじめてのファミコン~なつかしゲーム子ども実験室~』(マイクロマガジン社)がある。ディファレンス エンジン

日刊SPA!

最終更新:6/25(日) 8:50
週刊SPA!

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊SPA!

扶桑社

2017年9月19・26日合併号
09月12日発売

¥420

・負け組[50代]になる人の特徴
・[仮想通貨バブルで儲ける](超)入門
・[騒音トラブル]で殺されない方法
・[安くても美味しい食品]の見抜き方