ここから本文です

1日に1杯は野菜たっぷりのみそ汁を

6/25(日) 8:00配信

NHKテキストビュー

「医者に金を払うよりも、みそ屋に払え」というのは江戸時代のことわざ。昔の人は、みその優れた健康効果を経験的に知っていたのでしょう。みそには抗酸化物質が含まれているため、病気や老化の原因になる活性酸素を消去してくれます。また、近年、みそには抗がん作用があることがわかってきました。日本食は世界に冠たる健康食です。その基本がご飯とみそ汁。みその免疫パワーを取り入れましょう。順天堂大学医学部教授の小林弘幸(こばやし・ひろゆき)さんと、クリニック院長の小林暁子(こばやし・あきこ)さんに、みその働きについて教えてもらいました。



* * *


■免疫力を強化するみそがん予防にも期待


免疫力を正常に保つには、免疫細胞の材料になるたんぱく質を十分にとる必要があります。かつて、肉を多く食べなかった日本人にとって、みそは米とともに重要なたんぱく質源でした。



また、みそにはたくさんの機能性成分が含まれ、コレステロールを下げる、胃潰瘍の予防、メラニン生成の抑制、抗酸化作用などのうれしい働きが知られています。みそにはメラノイジンという抗酸化物質が含まれています。



「メラノイジンとは、みそが時間をかけて発酵・熟成するなかで分解されたアミノ酸類と糖類が反応してできた色素成分で、食物繊維のような働きをして腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌を減らしてくれます。病気や老化の原因となる活性酸素を減少させる働きも持っています。メラノイジンには、ほかにもコレステロール低下作用や、血糖値の著しい上昇の抑制やインスリンの分泌亢進(こうしん)作用などが知られています」(小林弘幸先生)



その他、抗がん作用も期待されています。国立がんセンター研究所の故・平山雄博士が日本がん学会で「みそ汁が胃がんの死亡率を減少させる」という大規模疫学調査の結果を発表したのは1981年のことでした。それは、毎日みそ汁を飲んでいる人は、時々飲む人や飲まない人に比べて、胃がんの標準的な死亡率が低い傾向がみられたというものです。



その後、大学や国の機関でもさまざまな研究が重ねられました。みそ汁をたくさん飲む人ほど乳がんの発生率が減少する傾向にあるという厚生労働省研究班の調査結果もあり、がんの予防効果が期待されます。



「その後の研究で、みその発酵過程で生成する脂肪酸エチルが発がん物質の効力を低下させていることがわかりました。乳がんについては、みそが熟成することによって女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンが変化し、がんの抑制効果がより高まるのではないかと推定されています」(小林弘幸先生)


■1日1杯は野菜たっぷりのみそ汁を


健康維持に、積極的にとりたくなるみそ汁ですが、塩分が気になりますね。



「濃いめのだしをとると、みそは少なめでもおいしくいただけます。野菜たっぷりの具だくさんのみそ汁にすると、食物繊維やナトリウムを排せつする働きを持つカリウムもとれるので、塩分が気になる方でも安心です。また、減塩のみそを利用してもいいでしょう」(小林暁子先生)



「おなかの健康のためにも、みそ汁は1日に1杯はとりたいものです。多種類の野菜が入ったみそ汁はまさに健康ドリンクです」(小林弘幸先生)



■『NHK趣味どきっ! きょうから発酵ライフ ~体の真ん中から健・幸・美~』より

NHK出版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

NHKテキストビュー

NHK出版

NHKテレビ・ラジオ番組の
各種テキスト 好評発売中!

料理・健康から生活情報まで、暮らしに役立つ
確かな情報満載のNHKテキストから、
選りすぐりのトピックスをお届けする情報サイト