ここから本文です

アイドルオタクは月にいくら使う? あるハロヲタの出費を検証

6/26(月) 16:00配信

マネーポストWEB

 趣味のためなら躊躇なくお金を使うのが「オタク」と呼ばれる人々。アニメアタク、鉄道オタク、ゲームオタクなど、様々な「オタク」がいるが、中でも特にお金がかかるといわれているのが、「アイドルオタク」だ。ピンからキリまであれど、アイドルに熱を上げるオタクたちは、いったいどれくらいのお金を使っているのだろうか。ある1人のアイドルオタクが1か月にどれくらいのお金を使ったのか調査してみた。

 今回、取材に応じてくれたのは、40代前半の男性Mさん。モーニング娘。’17やアンジュルムが所属するハロー!プロジェクトのオタク、いわゆる「ハロヲタ」だ。

 Mさんは自営業。さらに未婚ということで、自由にできるお金も時間も多く、暇な時間のほとんどをハロプロに費やしているという。

「僕の応援スタイルは、CDやブルーレイ、写真集などを集めることと、ライブに行くこと。ハロプロメンバーが載っている雑誌や出演番組やラジオなどもチェックします。でも、握手会にはほとんど行きませんね」(Mさん、以下同)

 そんなMさんが、2017年5月の1か月間でハロプロに費やしたお金を計算してみた。

 まずはCDやブルーレイディスク。ハロプロのCDは、「初回盤A」「初回盤B」などと、同じタイトルでもジャケットや付録DVDの内容違いなどで、複数種発売される。Mさんは、そのすべてを購入するという。

「握手券目当てに何枚も買うことはないですが、コレクション的な意味合いで、全種類買うことにしています。開封しないままのものも多いですね」

 Mさんが、5月に購入したハロプロのCDとDVDは以下の通り(以下、金額はすべて税込み)。

・℃-ute『℃OMPLETE SINGLE COLLECTION』(CDアルバム)3種 計2万2680円
・梁川奈々美・船木結『Greeting ~梁川奈々美・船木結~』(BD)6480円
・モーニング娘。’16 『Morning Musume。’16 Live Concert in Taipei』(DVD)6480円
・つばきファクトリー・ハロプロ研修生『演劇女子部「ネガポジポジ」』(DVD)8000円
・カントリー・ガールズ『ミュージックビデオ・クリップス Vol.1』(BD)4320円

1/4ページ

最終更新:10/5(木) 17:10
マネーポストWEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

マネーポスト

株式会社 小学館

2017年夏号
6月1日発売

定価620円

最新号の総力特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。「年内株価3倍期待の高成長株10」他、上がる株を一挙大公開。

Yahoo!ニュースからのお知らせ