ここから本文です

パートにも賞与で差をつける。カリスマ社長「チャンスは平等に与え、成績によって処遇の差をつける」

6/26(月) 8:00配信

BEST TIMES

現在、「働き方改革」が政府・産業界ともに本格的に進められている。だが、小山昇が経営する株式会社武蔵野では、すでに何年も前から非正規雇用従業員の待遇改善に取り組み、15年連続増収、過去最高売上・最高益を更新している。最新刊『儲かりたいならパート社員を武器にしなさい』(ベスト新書)を上梓した同氏が考える、「正しいパート社員の働き方」とは。

どうして給料が下がったのに「嬉しい」と言えるのか

 毎年安定的にパートの給与を上げていくと、「長年いるパートは仕事ができなくても給料が高く、新しいパートは能力が高くても給料が低くなる」ことがあります。

 給料格差がわずかであれば不満は出ませんが、差があり過ぎると、不公平になります。「長くやっている」ことと、「能力がある」ことは別です。

 本当の公平とは、「チャンスは平等に与え、成績によって処遇の差をつける」ことです。

 武蔵野は60歳以上のパートが多くいます。そこで、年齢や勤続年数による給料格差を是正するために、「エナジャイザー(energizer)」という適性診断ツールを使って、「60歳以上で単純能力が50を下回る人」は給料を下げることにしました。ただし、1年後の再診断で「50」を超えたときは、1年分遡って給料を払い戻す敗者復活制度を設けました。

 対象者13名のうち、「50」を超えたのは、ひとりだけでした。

 そこで、13名全員を集めて「基準に達したのはひとりです。他の方は申し訳ありませんが、給料を規定の額に下げます」と説明しました。

 給料を下げられたのに、パートからは文句が出ませんでした。それどころか、「全員の前で社長が言ってくれたことが、嬉しかった」という感想が寄せられたのです。

 個別に説明されると、「自分の能力が低かった」という事実を受け入れなければならず、プライドが傷つきます。ですが、全員の前で説明されるのであれば、「給料が下がるのは、自分だけではない」ことがわかるし、プライドも傷つかない。だから、給料が下がっても「嬉しかった」と言えた。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

出版社ベストセラーズの編集者が作る「感情を揺さぶる」情報マガジン「BEST TIMESベストタイムズ」。

Yahoo!ニュースからのお知らせ