ここから本文です

健康・長寿・若さのカギは「快便」!いいうんちとは?あなたの腸年齢は?

6/26(月) 16:50配信

OurAge

「うんちは体からの便り」と言うのは、理化学研究所・特別招聘研究員で“うんち博士”の異名を持つ辨野義己さん。若さと健康寿命を手に入れるためには最も大事という「快便ライフ」の話をうかがった。

「快便のためにぜひ身につけたいのがうんちを『作る力』『育てる力』『出す力』。まずは自分の腸年齢や、いいうんちと悪いうんちについて把握して、食生活と運動を見直しましょう」と辨野さん。

●いいうんちと悪いうんちを知ろう!
理想的なうんちの成分の80%は水分。残り20%のうち、1/3が食べ物のカス、2/3がはがれ落ちた腸の粘膜と腸内細菌。腸内細菌が、毎日排出されているとは! 
○形は? 善玉菌が優勢だとバナナに似た黄色から黄褐色のうんちが出る。
○量は? 個人差があるが2、3本。悪臭もなく水に浮く。これに対して悪玉菌が優勢な場合は、褐色から黒色で異臭を放ち、水に沈むウサギの糞に似たコロコロとしたものに。

腸内に棲息する多種多様な細菌は、1000種、600兆個以上!主に大腸に、これらの細菌がバランスよく棲息する様を、顕微鏡でのぞくとまるでお花畑に見えることから、「腸内フローラ」と呼ばれ、その様子は十人十色。

●チェックリストで「腸年齢」を把握して。実年齢との開きが大きいほど要注意!
辨野さんが、腸内環境の変化を確認できる「腸年齢」を知るチェックリストを作成。さまざまな要因によって腸内常在菌のバランスがくずれると、善玉菌が減り、悪玉菌が増加。さらに腸の動きが悪化し、排出する力も弱まるためにうんちの量が減り、腸内に有害な物質がたまりやすくなる。あなたは下の1~10の項目がいくつ当てはまるだろうか?実年齢と腸年齢の開きが大きいほど要注意!

1.便秘ぎみ
2.便が硬く、気持ちよく出ない
3.便が茶褐色や黒っぽい色をしている
4.おならや排便後のにおいがきつい
5.野菜嫌い、ほとんど食べない
6.肉食や外食が多い
7.牛乳や乳製品が嫌い、ほとんど食べない
8.運動不足を自覚している
9.顔色が悪く、肌にツヤがない。老けて見える
10.ストレスが多く、飲酒や喫煙量が多い

9個以上 腸年齢は60歳以上。実年齢との開きが大きいほど要注意。
6~8個 悪玉菌が増加している。体調をくずす可能性あり。
3~5個 生活を見直す必要あり。
1~2個 腸年齢と実年齢は同じ。

さて、あなたの結果は?

最終更新:6/26(月) 16:50
OurAge