ここから本文です

【脱貧困!】ボーナス一括払いで買い物していたらボーナスが出なかった!支払いは待ってもらえるの? 借り入れする場合はどこがお得?

6/26(月) 17:04配信

Suits-woman.jp

お金に苦労せず、幸せに生きていくことを目指す【脱貧困診断】。今回の相談は、井川佳代子さん(仮名・アパレル勤務・27歳)からの質問です。

「夏のボーナスをあてにして買い物をしていたのですが、思ったより額が少なく……。最低でも、去年と同じくらい、勤続年数が1年上がったということで、それ以上はもらえるだろうと思っていました。だから、使い過ぎというわけではないと思うのです。こういう場合、どうしたらいいのでしょうか。また、お金を借りる場合、どこがベターでしょうか」

森井じゅんさんに教えてもらいましょう。

☆☆☆

ボーナスは出なくても従業員に請求権はない

前回、この連載でお話しましたが、ボーナスだけをあてにしてお金を使ってしまうのは大変危険です。

ボーナスが期待通りではなかった、もしくは全く出なかったというケースは少なくありません。そもそも、ボーナスとは、業績等に応じて与えられる特別手当です。もらうほうとしては、お給与と同様、当然支払われるものと考えてしまっている人も多いですが、給与と賞与(ボーナス)は基本的にその性質が異なります。

給与は勤務したことに対する対価・報酬であり、従業員は受け取る権利のあるものです。

一方、賞与は、会社の裁量で決められるもの。労働基準法などの法律に守られているものではありません。ですから、就業規則等に賞与規定が設けられている場合であっても、「従業員が当然の権利として請求できるもの」ではないのです。

支払い方法の変更に対応してくれるクレジットカード会社もあるが…

とはいえ、ボーナスの支給時期になって、業績悪化などを理由にボーナス大幅減額や不支給となって困ってしまう人が多いのも事実です。そんな場合にはどうしたらよいでしょうか。

まずは、クレジットカード会社に連絡して相談しましょう。
分割払いやリボ払いなど、支払方法を変更してもらえる可能性もあります。しかし、対応してもらえるケースばかりではありません。過去に支払が遅れた・滞納があったなどの実績がある場合には、一括払いを求められる可能性が高いです。

クレジットカードの支払いができない場合には、カード会社から督促が来るだけでなく、滞納分の支払が行なわれるまでカードの利用ができなくなります。
そして滞納が続き、数か月以上たってしまうと、信用情報を管理している情報機関にその情報が登録されます。いわゆるブラックリストです。そして、その後も支払えない場合には、差し押さえ等の法的手続きが取られることがあります。

どうしても払えない状態になってしまった場合には、任意整理や自己破産などの債務整理を行なう事になります。債務整理等をせずに逃げ回っていても何の解決にもなりませんし、事態は悪化するだけです。
ちなみに、自己破産等の債務整理をした場合には、最低でも5年間はクレジットカードの利用はできなくなります。

1/2ページ

最終更新:6/26(月) 17:04
Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。