ここから本文です

太陽系の外に巨大ミラー惑星が見つかる、新手法で60個の候補

6/26(月) 18:01配信

ナショナル ジオグラフィック日本版

ケプラー宇宙望遠鏡による14万2630個の恒星データから抽出

 太陽系外惑星を見つけるのは容易ではない。

 このほど、惑星が恒星(主星)の光を反射する現象を利用した新しい探索法により、60個の灼熱の巨大惑星が発見された。主星のまわりを公転する惑星が、巨大な鏡のようにその光を反射すると、地球に届く主星の光の量が一時的に増える。結果、惑星系がわずかに明るくなるのが観測される。

【写真】定説覆す木星の研究成果を一挙8点

 このようにして「発見」された惑星は、ほかの惑星探索法を用いて独立に確認する必要がある。けれども、60個の惑星候補のうち一部でも実在していれば、木星サイズの灼熱の惑星「ホット・ジュピター」の形成過程について、貴重な情報を与えてくれるはずだ。

従来手法では見つけられない軌道でも

 米国で開催されたケプラー・K2科学会議でこの研究について発表した米エール大学の大学院生サラ・ミルホランド氏は、「惑星が主星の後ろ側を回るとき、私たちは惑星の昼の側を見ていることになるため、その分、明るくなるのです」と説明する。

 60個の惑星は、NASAのケプラー宇宙望遠鏡が4年にわたって観測してきた区画の約20万個の恒星の中に隠れていた。これらの恒星のうち2300個以上が惑星を持つことが確認されているが、この区画にあるすべての惑星を発見できるわけではない。

 例えば、トランジット法と呼ばれる探査法では、主星と望遠鏡の間を横切るような並びになっている惑星しか発見できないからである。このような並びになっていれば、惑星が主星の前を横切るときに主星が一時的に暗くなるため、惑星の存在を検出することができる。けれどもホット・ジュピターでは、このような並びになるものは約10%しかない。

 米カリフォルニア工科大学のコートニー・ドレッシング氏は、「トランジット法では、特定の並びになっている惑星系しか見つけることができません。この手法では、銀河系内の惑星の圧倒的多数を発見することができないのです」と言う。「ミルホランド氏は、こうした並びになっていない惑星でも発見できる手法を見つけたのです」

 ただし、その惑星は非常に大きいか、鏡のように光を反射するものでなければならない。

「大きい惑星は、たくさんの光を反射することができます」とミルホランド氏は言う。あるいは、灼熱の惑星ケプラー10bのように反射する能力が異常に高ければ、小さい惑星でも発見することができる。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ナショナル ジオグラフィック日本版の前後の記事