ここから本文です

包丁のおすすめ収納法

6/26(月) 17:10配信

ライフハッカー[日本版]

キッチンの最重要ツールである包丁を、引き出しに収納している人がいます。でも、引き出しの中で包丁同士がガチャガチャぶつかり合うのは良くありません。それより、ずっと良い包丁の収納方法をいくつかご紹介します。自分で作れるものもありますよ。

【画像】包丁のおすすめ収納法

・ 万能ナイフ・ブロックを買う:包丁をセットで買うと、よくナイフ・ブロックがついてきますが、最初は本当に良い包丁を2、3本、個別に買って、後から必要に応じて包丁を増やしていく方が良いでしょう。別売で使いやすいナイフ・ブロックがたくさん売っています。たとえば、Kapoosh社のこのナイフ・ブロックは、柔軟性のある細いプラスチック棒のおかげでほぼどんなキッチン・カトラリーも収納可能です。

・ マグネットで壁にとめる:我が家のキッチンはカウンターのスペースがあまり広くありません。ですから、私は包丁をマグネットで壁にとめるのが好きです。簡単に手に取れて、包丁を良い状態に保てるだけでなく、見た目もかっこよく見えます(私はそう思います)。それに、とても安上がりな方法です。IKEAで10ドル以下で売っていますし、自分で作ることもできます。

・ ケースに入れて保護した上で収納する:何らかの理由で、どうしても包丁を引き出しに収納する必要があるなら、少なくとも包丁にカバーをかけるか、包丁用ロールバッグに入れましょう。もう少しオシャレにしたいときは、引き出し用の包丁トレーを買うのも一案です。

とにかく、行き当たりばったりに引き出しに入れて、ガチャガチャ包丁がぶつかり合うのだけは避けましょう。包丁が可哀想です(それに、新しい包丁を買うはめになると高くつきます)。

Claire Lower(原文/訳:春野ユリ)
Photo by gettyimages.

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

ライフハッカー[日本版]の前後の記事